スポンサードリンク


BTOのメリットとデメリット

BTOパソコン おすすめ 高性能

BTOパソコンの人気の秘密に迫ります。
まずは、そのメリットとデメリットを見ていきましょう!

 

BTOパソコンのメリット!

安いところ!

BTOという仕組みは、メーカーやお店側が在庫を抱えないため、
商品の管理費や人件費を削減できます。

その為、販売されるパソコンそのもののコストダウンができるので、
安く購入することができるのです。

 

他にも理由があります。

家電量販店などで販売されているパソコンには様々なソフトが入っていますよね。
それらは実際には、ほとんど使わなかったりしませんか?
BTOパソコンには、付属のソフトが基本的に入っていません。
なので、その分余計なコストを削減し、低価格のパソコンを利用者に提供できるのです。

まさに、安さの極みです。

 

自分好みにカスタマイズできる!

BTOの特性を活かせば、パーツの組み合わせを自由に選べることができます。
このパーツはあまり必要無いけど、こっちのパーツは高性能にしたい!というように
必要なところにだけにお金をかけることができるので、ひと工夫できますね。

 

自分がどういった機能の付いたパソコンを欲しいか設定するメリットがあります。

 

高性能なマシンを手に入れることだってできる!

BTOパソコンを販売しているお店の多くは、PCパーツショップです。
家電量販店などで購入するパソコンは、なかなか最新パーツは使われていませんが、
PCパーツショップは違いますね。

専門店なので、最新かつ最高性能のパーツを組み込むことが可能です。

つまり、店頭で売られているパソコンよりも最高クラスの性能のパソコンを手に入れれます。

もちろん、最高性能を重視する必要もなく、低価格パソコンを購入することもできますよ。

 

BTOパソコンのデメリット!

 

初心者にはやや難しい!

初心者といっても本当にパソコンの知識があまりない方には難しいかもしれません。

BTOは自由自在にカスタマイズできますが、その反面、
パソコン初心者にとってはデメリットになってしまいます。
どのパーツがどのように優れているのかが全くわからなければ、カスタマイズできません。

なのでBTOパソコンは、ある程度パソコンのことを知っている人が
2台目以降のパソコンの購入を検討する時に使われる手段になりますね。
少なくとも、パソコンの五大装置のことを知っていないと難しいと思います。

パソコン中級者上級者向けとなってしまいます。
全くの初心者には厳しいでしょう。

 

納品が遅い時がある!

既製品のパソコンの場合、購入した即日から使うことができますが、
BTOパソコンだとそうはいきません。

BTO=受注生産方式のため、手元にパソコンが届くまでに時間がかかることは当然あります。
即日納品ということで翌日に届くものもありますが、通常は3~5日はかかります。
こればかりはどうにもならないですね。

それほど気にすることでもありませんが、すぐにパソコンが欲しい!という方にはつらいかな。

 

購入前に現物を確認できない!

これはBTOの致命的な欠点ですね。

商品を購入する際、ものをよく見て購入される方は多いでしょう。

BTOはそのほとんどがネット上での購入、通販となります。
パソコンのサイズや質感などは、ネット上の情報でしかわかりません。

その面では、家電量販店のように実物が見れる!というのは大きなメリットと言えます。

自分が想像していたパソコンとは限らない場合もあるかもしれません。
特にノートPCのBTOの場合、キーボードの操作性が合わなかったりすると、どうにもならない。
デスクトップPCなら買い換えることができますので、ノートPCほど心配はありません。

 

BTOに限らず、オンラインショッピング全般に言えることですが、
購入前に実物を確認できないことは、場合によっては非常にリスクがあります。

スポンサードリンク


このページの先頭へ