スポンサードリンク


3Dゲームを遊びたい!

BTOパソコン おすすめ 高性能

最近のゲームって本当にすごいですよね。
映像技術が発達しているので、画質の高い3Dゲームには感動します。

しかしそんな高グラフィックのゲームを快適にプレイする為には、やはり高スペックのパソコンが求められます。

どうせゲームをするなら、サクサクに、そして綺麗な画質でやりたいものですよね。

そんな方にはBTOパソコンが最適なんですが、
3Dゲームを遊びたい!」という方向けにカスタマイズのポイントをご提案させて頂きます。

 

3Dゲームを遊びたい人向け!BTOパソコンのカスタマイズ!

ゲームを快適にプレイしたいのなら、パソコンのスペックは高い方が良いです。

BTOパソコンを選ぶ際に、カスタマイズ時のポイントは3点です。

CPUメモリグラフィックボード
CPU アイコン フリーメモリ アイコン フリーグラボ アイコン
Core i7
(クロック数3.00GHz以上)
8GB以上GeForce GTXシリーズ、
Radeon HDシリーズ

 

CPU

ゲーミングPCを検討されている方は、やはりパソコンそのものの処理性能を高くするために高性能のCPUを選ぶと良いです。

目安はインテルならCore i7で、クロック数が3.00GHz以上のCPUを選べば大抵のオンラインゲームは快適に動作すると思います。

AMDならFXシリーズのCPUがおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

メモリ

メモリ容量が大きいほど、ゲームはサクサク動きます。
ゲームをやりたいという人は8GB以上は欲しいところですね。

基本8GBあれば何でも動きます。

※8GBのメモリを利用する場合は64bit版OSが必要となります。

 

グラフィックボード

3Dゲームをプレイする人には必須のパーツがグラフィックボード。
一番重要視しておきたいところです。

ゲームの映像を処理するパーツなので、ゲームの画質、動作など性能を高めるには、
高性能なグラフィックボードを搭載する必要があります。

但し、性能が高いほど価格もかなり跳ね上がりますので、予算を考えて見合うものを選択しなくてはなりません。

GeForce GTXシリーズ」「Radeon HDシリーズ」あたりのものがおすすめです。

 

「推奨動作環境」以上のスペックのPCを購入する

プレイしたいゲームによって必要なスペックは違います。

まずはゲーム公式サイトには必ず記載されている
必要動作環境」「推奨動作環境」を確認してみて下さい。

必要動作環境」は、このスペックを満たしていれば、一応ゲームは動作するという目安で、
ゲームが快適に動くことは保証されていませんので注意しましょう。

推奨動作環境」は、快適に動作することが保証されるものなので、
これを参考にBTOパソコンをカスタマイズしていくのが良いでしょう。

ですが、ゲームの通信状態だったり、アップデートによって推奨スペックが上がったりすることもありますので、ゲーム公式サイトに記載されている
「推奨動作環境」以上のスペックの

 

ゲーム推奨モデルがおすすめ!?

狙い目は「ゲーム推奨モデル」。

MHF ベンチマーク 結果

ドスパラやツクモ、その他多くのBTOパソコンのショップでは、
オンラインゲームのタイトルごとに推奨モデルのパソコンを販売しています。

推奨モデルのパソコンはそのゲームに適したスペック、環境を考慮しているものになるので、快適に目的のゲームをプレイすることができます。

もしプレイしたいゲームの推奨モデルが販売されていれば、そのパソコンを購入することをおすすめします。

スポンサードリンク


このページの先頭へ