スポンサードリンク


イラスト制作や写真の編集がしたい!

BTOパソコン おすすめ 高性能

パソコンで絵を描いている人も結構いるんじゃないでしょうか?

大手のイラストコミュニティーサイトなどではたくさんのイラストレーターの方が
毎日、ご自慢の絵を投稿されていますね。

今の時代、絵や漫画をパソコンで描くことができてしまいますので、便利ですよね。

BTOパソコンでは絵や漫画などに適したパソコンを注文することができます。

仕事で絵を描く人趣味で絵を描く人のためのパソコンの選び方をご紹介していきたいと思います。

 

イラスト制作や写真の編集がしたい!BTOパソコンのカスタマイズ!

漫画・イラスト制作に必要なパーツは以下の通りです。

グラフィックボード
メモリモニタ
グラフィックボード フリーメモリ アイコンモニタ アイコン
GeForce GTXシリーズ、
Radeon HDシリーズ
4GB以上インチサイズ、
グレアorノングレア

 

グラフィックボード

漫画やイラスト制作にはそれほど影響は出ませんが、
付けれるならやはりグラフィックボードは欲しいところ。

余裕があれば、GeForce GTXシリーズ、Radeon HDシリーズあたりを選ぶのも手です。

予算を抑えたい場合にはインテルHDグラフィックスを選択するのもアリです!

 

メモリ

漫画やイラスト制作にはPhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトを使用すると思います。
こういったソフトは機能が多いので、動作が重くなりがちです。

漫画やイラストはレイヤーと言って画像を何層も重ねて描く人が多いので、その分処理がかかります。

作業中のデータを管理しているのがメモリになりますので、メモリ容量が少ないとフリーズしたり、
せっかく描いたイラストが消えてしまうなんてこともあります。

そうならないためにも、メモリは4GB以上を、可能なら8GB以上を選ぶことをおすすめします。

 

モニタ

漫画やイラスト制作する人にとってはモニタ選びはかなり重要になります!

 

モニタのインチを考えておこう!

漫画や絵を描くなら、やはり大きな画面のモニタの方が書き易いです。
複数の画像を見比べながら、編集したり、描いたりするので、大きいモニタは重宝します。

21インチあれば十分だと思いますが、24インチのような大きなモニタを選ぶことをおすすめします。

 

モニタの光沢感!?グレアとノングレアの違い!

グレア(光沢)液晶は、画面がツルツルしている液晶です。
見た目はとてもクリアなため綺麗で高級感がありますが、
光の反射が強いため、画面上に照明や自分が移り込みやすいです。

そのため長時間画面を見ると目が疲れやすいです。

 

ノングレア(非光沢)液晶は逆に、画面にツヤ消し加工を施している液晶のことです。
比較的周りの光源の影響を受けにくいので、長時間の作業に向いているモニタです。

但し、グレア液晶に比べると色の鮮やかさが劣っています。

 

モニタの光沢感については、好みが分かれますね。

自分が使いやすいと思ったものを使うのが良いので、気に入ったモニタにしましょう。

ちなみに、グラフィック系のプロのクリエイターのさんが使っているモニタ
ほとんどがノングレア(非光沢)液晶です。

そう考えると、ノングレアの方がおすすめかもしれませんね。

 

ペンタブレットと画像編集ソフトも確認!

漫画やイラストを描くのなら、やはりペンタブレット画像編集ソフトは持っていたいところ!

私もペンタブレットと画像編集ソフトを持っていますが、やはり評判がよく、使いやすいものがいいですよね。
特にまだ購入されておらず、これから購入を考えている人はご覧下さい。

あくまで個人的な感想が多いので、参考程度に見て下さいね。

 

スポンサードリンク

 

ペンタブレットはBAMBOOがおすすめ?

ペンタブレットは大手メーカーのワコムが出しているBAMBOOブランドがおすすめです。

初心者にもプロにも扱いやすいスタンダードで高機能な製品が多いので、非常にオススメです!
また、付属のペイントソフトもあったりするので、一石二鳥です。

ペンタブレットを使えば滑らかなタッチで自然な絵が描けます。

しかし値段はやや高めです。
信頼性は高いメーカーになりますので、その面では安心ですね。

 

使いやすい画像編集ソフトはこれだ!

漫画やイラストを描くために肝心なものはやはり画像編集ソフト

正直ソフトに関しては好みが分かれるので、一概にコレがいい!とは言えませんが、
私のおすすめのソフトをご紹介したいと思います。

 

Adobe Photoshopは高機能!

超有名のアドビ社のPhotoshopは高機能な画像編集ソフトです。
正直これを買えば、なんでもやれてしまいます。

ただし価格がとにかく高い。CSシリーズなどプロ用のエディションだと恐ろしい価格です。
その中でも、お手頃で購入できるのがElementsシリーズです。

機能を求めるなら、Photoshopで十分だと思います。

Adobe Photoshop Elements 13 Windows/Macintosh版

新品価格
¥12,000から
(2015/3/1 21:15時点)

自然でスムーズな描き味!CLIP STUDIO PAINT!

セルシスという会社が出しているペイントソフトになります。

手描きのような感覚で自然な絵が描け、紙の質感なども出せてしまう描き味のソフトが
CLIP STUDIO PAINTです。

価格面も安心なので、初心者からプロの方まであらゆるニーズに応えられるソフトではないでしょうか?

インターフェースにも定評があり、レビューも高く使いやすいソフトのようです。

また、COMIC STUDIO PAINTという漫画専用のペイントソフトも販売されているので、おすすめです!

CLIP STUDIO PAINT PRO

新品価格
¥6,227から
(2015/3/1 21:18時点)

ComicStudioPro 4.0

新品価格
¥15,150から
(2015/3/1 21:31時点)

スポンサードリンク


このページの先頭へ