スポンサードリンク


テレビ鑑賞・録画がしたい!

BTOパソコン おすすめ 高性能

パソコンでテレビが見たい!録画したい!という方、結構いるんじゃないでしょうか?

市販のパソコンでもテレビを見ることができる製品も売られていますよね。
よく「テレビパソコン」「テレパソ」なんて呼ばれていたりしますが、
このテレパソがあれば、わざわざテレビを買わずに済みますし、パソコン1台なので場所もとりません。

もちろんテレビ以外の用途、例えば、テレビを見ながらインターネットをすることもできますので、1台で何役もこなせます。

このページではパソコンでテレビを見るためのBTOパソコンのカスタマイズ方法をご紹介しています。

 

テレビ鑑賞・録画がしたい!BTOパソコンのカスタマイズ!

パソコンでテレビを見るためにざくっと必要なものを挙げますと、以下の通りになります。

テレビチューナーグラフィックボードモニタ
テレビチューナー フリーグラボ アイコングラボ アイコン

 

テレビチューナー

パソコンでテレビを見るためには「テレビチューナー」が必要になります。
テレビのチャンネルを受信するための装置です。

BTOパソコンをカスタマイズする際は必ずテレビチューナーを選ばないといけません。

 

目的に合ったテレビチューナーを選ぼう!

テレビチューナーのほとんどは「地デジ」放送に対応しています。
他にも「BS」、「CS」といった放送を見ることができる製品もあります。

また、ひとつの番組しか録画できないシングルチューナー、
2チャンネル同時録画対応のダブルチューナーなど、テレビチューナーによっても性能が異なります。

なので、購入するテレビチューナーをよく考える必要がありますね。

    • 地デジ放送のみを受信できるもの
    • 地デジ、BS、CS放送が受信できる3波対応のもの
    • 予約録画ができるもの
    • 2番組同時録画対応のもの

 

グラフィックボード

そこまで重要とまではいかないですが、グラフィックボードもあった方が良いと思います。
テレビを見るだけなので、高度な映像処理はありませんが、グラフィックボードを付けた方がないよりは画質が良くなります。

高性能なグラフィックボードは必要ないので、予算にゆとりがある方は購入されてもいいでしょう。

もちろんグラフィックボードがなくてもテレビは普通に見られますよ。

映像が気持ちきれいになるといった感じでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

モニタ

これは人によるでしょうが、モニタも良く考える方がいいと思います。

BTOパソコンではモニタを付けて購入することができます。すでにモニタを持っているという方は必要ないです。

まずは解像度(画質)です。解像度が高いほど、モニタの映像もきれいです。
テレビ番組をきれいに楽しみたい!ならグラフィックボードよりもモニタを優先すると良いでしょう。

最近では4Kディスプレイというハイビジョン以上の高解像度のモニタも出回っています。
こだわりたい人はとことんこだわってみても良いかもしれませんね。

モニタの大きさも考えておきましょう。
モニタにはインチが決まっています。モニタを設置する場所を考えて、モニタのインチサイズもご検討下さい。

 

あとは光沢感。モニタにはノングレアグレアの2種類に分かれています。
ノングレアとは光沢感がないモニタの事で、光の反射を抑える効果がありますが、やや画質がぼやっとした印象です。

グレアの方は、光沢感が強く、透明感があり見た目がかなり美しいです。但し、光の反射が強い場所では、モニタの映像が見づらいというデメリットもあります。

このあたりは好みが分かれると思いますので、好きなものを選ばれると良いと思いますよ。

 

録画には大容量HDDが必要!

テレビ番組の録画には、かなりHDD容量を消費します。
目安としては、1時間分の番組を録画するには約10GBの容量が必要です。
そう考えると、500GBのHDDではたったの50時間分しか録画できませんよね。

あまり録画しないという方であれば大丈夫ですが、録画をまめにする人は、
HDDの容量をよく考えた方がいいです。

特に永久保存版として録画した番組を残したいという場合は、大容量のHDDは必須になります。

BTOパソコン購入時には少なくとも1TB以上のHDDを選択しておきましょう。

 

ダビングするには?

録画した番組をDVDやBlu-rayなどにダビングをする場合、
別途ダビング用のソフトウェアを購入する必要があります。

おすすめのソフトはPowerDVDです。

このソフトは市販で売られているものになりますが、DVDBlu-rayの両方に対応しており、
ダビングやディスクの再生などやりたいことがほとんどやれます。

PowerDVD 14 Pro 特別優待版

新品価格
¥6,008から
(2015/3/1 15:04時点)

PowerDVD 14 Ultra 特別優待版

新品価格
 ¥8,599から
 (2015/3/1 14:57時点)

Blu-rayの場合、フリーソフトで再生できるものが出回っていないので、どうしても市販のソフトを購入しなくてはなりません。

このPowerDVDは値段もそこそこ安く、機能も豊富なのでおすすめです。

個人的な感想ですが、このソフトのメーカーの対応も良かったです。

 

あとはソフトだけでなく、DVDドライブはもちろん、Blu-rayディスクを再生するにはBlu-rayドライブが必要です。

BTOパソコンの注文の際にはBlue-rayドライブも視野に入れておきたいですね。

スポンサードリンク


このページの先頭へ