スポンサードリンク


デスクトップPCの種類

BTOパソコン おすすめ 高性能

パソコン本体のサイズには、大きくわけて3種類があります。
大きい順に並べると、

タワー型 > スリム型 > キューブ型

 

パソコンの使用目的や、設置スペースの広さに応じて選ぶパソコンが違ってきますね。
この本体の大きさによって、用途が変わってくると思います。
それでは、本体サイズについて解説していきます!

 

タワー型

デスクトップPC タワー型

一般的なデスクトップPCの形です。
ハイスペックPCを購入するならタワー型を選ぶことをおすすめ!

大きいので、設置スペースにゆとりが必要です。
その分ケース内部のスペースが広いため、
熱が籠りにくく冷却性に優れているのです。

熱暴走によってパソコンが重くなることが少ないでしょう。
また、ケース内部が広いと、カスタマイズがしやすくなります。

カスタマイズがしやすいということは、パーツを増設したい!と思った時に、
比較的簡単にパーツを組み込むことができます。

高性能マシンを求めるならタワー型が一番おすすめですね!

ちなみに、タワー型にも種類があります。

フルタワー > ミドルタワー > ミニタワー

ミドルタワーは一番馴染みのある大きさのケースです。
ハイスペックマシン使っている方はフルタワーが多いです。

 

スポンサードリンク

 

スリム型

デスクトップPC スリム型タワー型の横幅を細くスリムにした形です。
「省スペース型」「コンパクト型」とも言われます。

性能はタワー型とほぼ同じまま小型化しているので、
設置スペースが狭い場合に非常に便利です。

当然、内装は狭いPCケースとなるため、
選べるパーツの選択肢は減ってしまいます。

さらにパーツそのものを小型化するために、余計に値段が高くなることもあります。

残念ながら、タワー型のパソコンと比べると全体的にコストパフォーマンスが悪くなります。

もちろん、タワー型よりは狭い場所でも設置できるという利点はあります。

 

キューブ型

デスクトップPC キューブ型

サイコロのような形状をしたパソコンです。
立方体のものや直方体のものまでバリエーションは多いです。小型でコンパクトなので、設置スペースが狭い場合にとても重宝します。

見た目の可愛さからも、女性に人気があります。

しかし、スリム型と同じく、コストパフォーマンスは悪いです。
キューブ型はさらに小型化されています。

高性能なパーツを組み込むことが難しいため、
高スペックを実現しようとすれば、さらに値段は高くなってしまいます。

キューブ型でのBTOパソコンの場合、利用目的がインターネット、メールのみ以外の方には

あまりおすすめできません。

タワー型に比べて、搭載できるパーツに制限があるからです。

スポンサードリンク


このページの先頭へ