スポンサードリンク


自作PC壱号機

壱号機スペック

 製作日 2012/08/17

自作PC 壱号機 スペック紹介

ケースMIGUEL
CPUi7 2600K 3.40GHz
メモリA-DATA Gaming DDR3-1600 4GB 2枚 (計8GB)
マザーボードASUS P8Z77-V DELUXE
グラフィックボードASUS GeForce GTX 650Ti
SSDCrucial M4 256GB SATA3.0
HDD3.5inch Hitachi 2TB SATA2.0
光学ドライブPLEXTOR PX-B950SA BD-REドライブ
電源玄人志向 KRPW-PS700W (700W) 80PLUS Silver

 

拡張機能の詳細

こちらはおまけですが、壱号機に備え付けているその他の装置です。

TVチューナーBUFFALO DT-H70B/PCIE
dt-h70b pcie
5inchベイ 収納トレイアイネックス BB-02BK
アイネックス 収納 5インチ

私の壱号機にはBUFFALO製のテレビチューナーも搭載しています。シングルチューナーなので高機能のものではありませんが、自室にテレビがないため便利です。テレビを見る分には申し分ないと思います。

おまけですが、5インチベイに専用収納トレイを備え付けています。USBメモリやCDドライブなど入れることができるので、とても重宝します。

 

スポンサードリンク

 

これまでの経緯や自作に至った理由など

PCケース「MIGUEL」を店頭で見つけたとき、一目惚れしました。

他のケースにはない面白さがあり、流線型を描いた独特なフォルムが気に入りました。また、非常に冷却性に富んだ構造をしており、初期からケースファンが6基も搭載されているという豪華さ、さらにホコリ対策として防塵フィルタも備えた素晴らしいケースです。

値段の割にしっかりとした造りで購入を決意しました。

青いLEDファンに換装したことで、より高級感のある印象に仕上がっております。

自作PC 青LEDファン 改造

自作PC 青LEDファン 改造

色彩はほとんど「」で統一させています。マザーボードの色もLEDファンと合っていて雰囲気が出ていますね。全体的に統一感があるので、見ていて飽きないデザインではないでしょうか?

特にPCケースの個性的なデザインにより面白さがある。それでいて落ち着いた印象です。

 

スペック詳細

インテルの第二世代CPUで万能だったi7-2600Kを使用しています。発熱量は近年のCPUと比べ多いですが、まだまだ十分利用できる性能です。

メモリは相性の問題で以前苦しめられたので、評判もそれなりに高かったA-DATA製のものを採用しています。性能は可もなく不可もなく問題なく使用できます。容量は4GBのメモリモジュールを2個搭載し、計8GBで運用しています。プログラム開発するにはややメモリが足らない気がする。

マザーボードもZ77シリーズの最上位モデルP8Z-77V DELUXEにこだわって購入したもので、USBポート、SATAポートも豊富なうえに、無線機能も搭載された高性能なものを利用しています。

グラフィックボードは特にこだわりがなかったので、省電力に優れたコストパフォーマンス重視のGeForce GTX 650Tiを採用しました。メーカーはASUSにしています。3Dゲームをプレイするには不十分な性能ですが、私のように開発機としての用途が多いのであれば、十分の性能だと思います。

SSDはCrucial M4シリーズの256GBを使っています。選んだ理由はこのメーカーが好きだからかな。HDDはHitachi製の2TBで、データ保存用として利用しています。

電源は玄人志向のKRPW-PS700W/88+を採用しています。80 PLUS認証はシルバー、電源容量は700Wで価格も安かったので、購入しました。安定して使えていますが、やはり電源ユニットは高価なものを付けたいですね。

自作PC メイン機

自作PC メイン機

自作PC メイン機

自作PC メイン機

次のページでは、各パーツごとの細かい仕様などご紹介していきます。

1 2

スポンサードリンク


このページの先頭へ