スポンサードリンク


電子書籍向けブルーライト軽減タブレット発売!目の疲れを抑えたリーダーモード搭載G Pad II 10.1がおすすめ!

    パソコンやタブレットをやっていると目が極端に疲れますよね。
    私も仕事と自宅でパソコンをやる時間が多く、かなり目が疲れてしまいます。

    この目の疲れの原因のひとつはブルーライトと呼ばれる長波長の光によるものです。

    韓国のLGからこのブルーライトを軽減できるAndroidタブレットが発表されました。
    10.1インチのディスプレイを備えた「G Pad II 10.1」というタブレットで、目に負担がかかりにくいのが特徴です。

     

    電子書籍に最適ブルーライト軽減Androidタブレット

    G Pad II 10.1」の特徴のひとつはブルーライトを軽減するリーダーモードがあることです。

    G Pad II 10.1 日本

    主に電子書籍を読む際に快適さを向上させるモードとなっており、読書時の目の疲れを少なくしてくれます。

    ブルーライトは目の疲れや視力障害を引き起こすとされ、
    このタブレットに搭載されたリーダーモードを利用することで、ブルーライトカット効果が期待できます。

    また、画面分割機能も備えており、
    2つのアプリを同時に実行可能なマルチタスク機能があります。

    さらに、どの画面からでもメモを残すことができ、それを保存・共有が可能な「QuickMemo+」機能も搭載されているようです。

     

    スポンサードリンク

     

    G Pad II 10.1のスペックと販売価格は?

    G Pad II 10.1は「G Pad 10.1」の後継モデルとなっており、
    全モデルと比べてタブレット本体の厚みが薄くなり、同型タブレット製品では世界最狭のようです。

    バッテリは7,400mAhの大容量バッテリを備えており、長時間の使用が可能です。

    タブレット 目の疲れ

    タブレット 目の疲れ

    10.1インチディスプレイの解像度は1,920×1,200ピクセル、
    OSはAndroid 5.1.1を搭載しています。

    CPUはクアッドコアのSnapdragon 800(2.26GHz)とレスポンスは高く、
    メモリは2GB、ストレージは16GBとバランスのとれたスペック構成となっていますね。

    機種はLTEモデルとWi-Fiモデルがラインナップされ、LTEについてはLTE Cat.4やCSに対応しています。Wi-Fiモデルは802.11 a/b/g/n/acをサポート。

    外部メディアはeMMCやmicroSDカードも利用可能です。

    販売価格その他の詳細は、9月4日からドイツ・ベルリンで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2015」で発表されます。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ