スポンサードリンク


グラフィックボードとは

グラフィックボードとは

グラフィックボードって何だろう?

グラフィックボード(ビデオカード)とは、映像を信号として出力または入力する機能を搭載した拡張ボードのことを指します。
画像などを処理し、ディスプレイモニターに映像を映し出すため機器のことです。

画面にどれだけ綺麗な映像を表示できるかや、
立体的な(3D)グラフィックを高速かつ滑らかに動かすことができるかは、このパーツの性能によります。

3Dグラフィックなどの高度なものではなく、文字や写真を見る程度ならば、マザーボードに標準搭載されている映像出力の身で十分です。
特に最近のCPUには内臓グラフィック機能が搭載されているので、十分綺麗に映ります。

ところが、高いグラフィックが利用されるゲーム動画のエンコードなど、映像の描画に時間がかかり、処理に負荷がかかってしまいます。

そんな重い処理を高速かつ綺麗にすることがグラフィックボードの役目です。

パソコンをビジネスやインターネットに使う範囲なら、グラフィック機能はこだわらなくてもいいでしょう。
しかし、パソコンでゲームをしたり、映像を高画質で快適に見たいのであれば、やはり高性能なグラフィックボードは必須です。

 

グラフィックボードの性能について

パソコンの画像には、「平面画像(2Dグラフィック)」と、ポリゴンとも呼ばれる「3Dグラフィック」、ビデオなどの「映像」の3種類が存在します。
3種とも必要とされるグラフィックの性能が異なるので注意が必要です。

MHF ベンチマーク 結果

グラフィックボードの性能に関係する用語を交えて、説明していきます。

 

クロック数(コアクロック)

CPUのクロック数と同じようなもので、グラフィックボードにもクロック数が存在します。

グラフィックボードの中心にあるグラフィックチップ「GPU」のクロック数を表し、「コアクロック」とも呼びます。

MHzや○GHzなどの数値で表記され、数値が大きいほど処理が高速です。
グラフィックチップ(GPU)は、グラフィックを専門に処理するCPUという認識で構いません。

この数値が高いほど高性能と言えるので、比較の際にはとても目安になります。

 

スポンサードリンク

 

ビデオメモリ(VRAM)

グラフィックボードにはメモリも付いています。
パソコン本体のメモリと同様で、一時的にデータを保存する領域となります。

グラフィックボードに搭載されているメモリはVRAMと呼ばれ、ビデオメモリとよく呼ばれます。

画面上に3Dグラフィックなどの高度な画像を表示する場合、その為に必要なデータ量は大きくなります。

GPUで処理が終わったデータはこのビデオメモリに保存され、常時使用されますが、
データ量の多いグラフィックを表示しようとして、ビデオメモリの容量が少なくデータが保存できなかった場合、
その不足分データは表現できなくなってしまいます。

このような映像情報の不足があると、
特定の箇所しか表示しない」「細かな模様がない」「色抜けしている」などという症状が起き、
動作も不安定になってしまいます。

特にこのような症状は高いグラフィック機能が要求されるゲームなどでいえることです。

ビデオメモリが多いほど、細かい3D画像やDVDなどのメディア媒体の映像などの高度なグラフィックを、
円滑に不良なく表示することができます。

 

メモリバス幅

また、最近はメモリバス幅という性能も重要になっています。

これは「メモリがデータを一度に送信できる量」要するに、データの転送速度で、
これが大きいほど膨大なデータを必要とする高度なグラフィックでも、高速に表示することが可能となります。

メモリバス幅の性能が表示速度に直結することも多くなっています。

メモリバス幅は64ビット128ビットなどの○○ビットという数値で表され、高い方が高性能といえます。
尚、グラフィック機能の中には「ビデオメモリはメインメモリと共有」というものも存在します。

これはビデオメモリにパソコン本体のメモリの一部を使用し、グラフィック表示用メモリ(VRAM)を持たないタイプのものです。

要するに「オンボード」のグラフィック機能ということになります。

専用のメモリを持たないため速度は劣り、パソコン本体のメモリが十分に余裕がないとその性能を十分に発揮できません。
ビデオメモリをメインメモリと共有して使用している場合は、機能的に劣ると考えていいでしょう。

 

PCI Express x16

2004年から登場し始めた、拡張ボードの規格がPCI Expressです。
PCI Expressの前はAGPという規格が利用されていましたが、よりも高速にデータをやり取りできるようになっています。

PCI Express x16は、そのPCI Expressの種類の中のひとつです。

 

最近のグラフィックボードで最も利用されている規格がこのPCI Express x16です。

マザーボード PCI Express

 

マザーボードに詳しい性能については以下をご覧下さい。 

スポンサードリンク


関連性のあるコンテンツはこちら!

  • グラフィックボードの規格と性能比 グラフィックボードの規格と性能比
    グラフィックボードの規格について市販されているグラフィックボードやグラフィック機能にどんなものがあるのでしょうか。販売しているメーカーはたくさんありますが、グラフィックの中核であるGPUを開発している

このページの先頭へ