スポンサードリンク


グラフィックボードの規格と性能比

グラフィックボードとは

グラフィックボードの規格について

市販されているグラフィックボードやグラフィック機能にどんなものがあるのでしょうか。

販売しているメーカーはたくさんありますが、グラフィックの中核であるGPUを開発しているメーカーは2社だけです。
技術革新や販売競争の末、たったの2社になってしまいました。

ちなみにGPUが同じなら、どのメーカーが開発したグラフィックボードでも、同じような性能になります。

グラフィックボードの性能はこのGPUが大きく関わってくるのです。

GPUについてはGeForce系とRADEON系の2種類があります。

 

GeForce系のグラフィックボード!

GeForce系グラフィックチップ(GPU)
GeForceとはnVIDIA社の開発したグラフィックチップで、3Dグラフィックの表示性能に優れます。
低価格のものからハイスペックなものまでラインアップがあり、
最も普及しているため、多くのゲームがこのGeForceを基準に開発されています。
映像・動画面に関しては、RADEONに劣ってましたが、現在は大差はない。
平面(2D)画像の処理に関しても安定しており、どちらかというと汎用向け・ゲーム向けといった感じです。
GeForce 2
シリーズ
2000~20012000年前後に発売された、前世紀のタイプとなります。
GeForce 3
シリーズ
2001~2002GeForce 2シリーズの発展型で、2002年頃に登場しました。
旧式であるが、基本的には高性能/高価格なタイプでした。
GeForce 4
シリーズ
2002~20042003年頃に広く普及したタイプです。
GeForce 3よりも安価で、
バリエーションが多く、人気を集めた
GeForce FX
シリーズ
2003~20052003~2004年にあたりに登場したタイプです。
以降のWindowsのグラフィック機能の基本システム
「Direct X9」に対応。
最上位なものはGeForce 6000シリーズなどの後発型に匹敵する性能。
GeForce 6000
シリーズ
2004~2005遂に「PCI Express」という新型の規格に対応。
従来の規格「AGP」 タイプも後に発売されています。
廉価版タイプから高価格タイプまで幅広く発売されました。
GeForce 7000
シリーズ
2005~20082005年に登場したタイプとなります。
「SLI」という VGAを2枚使用して高速な処理を行う技術に対応。
一時期、主流となったグラフィックぼーどのひとつである。
GeForce 8000
シリーズ
2007~20102006年末に登場したタイプです。
Windows Vistaで導入された新システム「Direct X10」に対応。
高性能型であるが、高価格で、消費電力もかなり高めである。
後に低価格版も登場し、広く普及しました。
GeForce 9000
シリーズ
2008~20102008年に登場したモデルがこちらです。
基本的には8000シリーズと同等の性能。
型番が上がったものの、性能上はあまり変化なし。
GeForce GTX
200 シリーズ
2008~20112008年の中期に登場。GeForceシリーズの新設計タイプです。
様々な新機能が追加されており、従来型とは構造が異なります。
当初は高性能型という感じでしたが、後に幅広いタイプが発売。
長期間、人気を誇った製品だった。
GeForce GTS
200 シリーズ
2009~GeForce 9800の改良型/改名型です。
GeForce GTXが登場し、それまでの高性能型であっ GeForce 9800をGTSに改名。
9800を改良し、再設計により消費電力の低減を実現。
新機能にも対応しています。
GeForce GT
シリーズ
2009~GeForce 9400/9600に相当する、廉価型の製品。
GeForce 9000シリーズの下位・中間クラスのものをベースに、
GTX シリーズの技術を投入して改良したモデルである。
これ以降、高価格型=GTX、中間型=GTS、低価格型=GT と言う名称になりました。
GeForce GTX
400 シリーズ
2010~Windows7の新グラフィック機能「Direct X11」 に
対応した製品です。
内部設計が新しくなっており、全体的な性能が向上しています。
GeForce GTX
500 シリーズ
2010~2010年末に登場した、新型のVGAです。
内部機構はGTX 400シリーズとほぼ同等で、
GTX 400の改良型のような位置付け。
内部の最適化、少々性能向上、GTX 400シリーズの問題点だった
発熱量や騒音の軽減などが行われています。
GeForce GTX
600 シリーズ
2012~2012年の春に登場した、新型のVGAです。
多数の新技術が追加されており、内部設計も強化されている。
GeForce 500と比較して特別向上している程ではないのですが、
消費電力が大幅に軽減されて、同じ電力での性能は約2倍に向上。
新技術に関しては「今後の製品導入」といった感じです。
GeForce GTX
700 シリーズ
2013~2013年の春に登場した、新型のVGAです。
以前から開発されていた「GK110」と呼ばれる新型コアを搭載。
また、温度に応じて性能を調整する機能や、
ファンの振動を抑えて騒音を減らす機能などが追加されています。
従来型より、さらに性能を向上させ、ビデオメモリの速度も強化されました。
超高価格のモデル「GeForce GTX TITAN」も登場しています。
GeForce GTX
900 シリーズ
2014~2014年の秋から登場した、新型の VGA です。
Maxwellと呼ばれる改良された新型コア採用。
省電力が大幅に軽減されています。
様々な新グラフィック技術に対応し、高解像度への最適化も抜群。
デスクトップPC用のGeForceには800シリーズがなく、
900シリーズになっています。

 

性能早見表

上位型上部(旧)Ultra > GTX > GTS > GT > GS > (表記なし) > XT > LE下位型
上部GTX > GTS > GT > G
下部80 > 70 > 60 > 50 > 40 > 30 > 20 > 10

GeForceシリーズには、同じ型番でもバージョンがあります。
このバージョンによって性能が違ってきます。

上記の表の見方ですが、

最近のグラフィックボードの場合 : 上部 + [各シリーズの番台] + 下部

例えば、
GeForce GTX 680の場合、GTX + 600シリーズの6 + 下二桁の80となり、
[上部]の文字 + N (Nは各シリーズの先頭の数字) + [下部]の数値

つまり、表を見ると最上位の型ということが分かる。
要するに、GTX 680は最上位型GTX 670は上位型GTX 660と続いてGTX 650は下位型である。

また、各シリーズの数字の下に「Ti」という表記が付くと、付いていないものより性能が高くなる
GTX 560TiGTX 560ならGTX 560Tiの方が性能が高い。
旧式のグラフィックボードの場合 : [各シリーズの番台] + 下部 + 上部(旧)

例えば、
GeForce 6800 Ultraの場合、6000シリーズの6 + 下二桁の80の後ろに0を付与 + Ultraとなり、
N (Nは各シリーズの先頭の数字) + [下部]の数値 + [上位(旧)]の文字
つまり、表を見ると最上位の型ということが分かる。
要するに、6800 Ultraは最上位型6800 GTXは上位型、その次に6800 GTSという流れである。

また、6800とだけで、[上位(旧)]の文字が付いていないものは、表の(表記なし)に該当する。

 

スポンサードリンク

 

RADEON系のグラフィックボード!

GeForce系グラフィックチップ(GPU)
GeForceとはnVIDIA社の開発したグラフィックチップで、3Dグラフィックの表示性能に優れます。
低価格のものからハイスペックなものまでラインアップがあり、
最も普及しているため、多くのゲームがこのGeForceを基準に開発されています。
映像・動画面に関しては、RADEONに劣ってましたが、現在は大差はない。
平面(2D)画像の処理に関しても安定しており、どちらかというと汎用向け・ゲーム向けといった感じです。
RADEON 7000
シリーズ
2000~2001GeForce 2シリーズに対抗する製品でした。
かなりの旧型です。
RADEON 8000
シリーズ
2001~20032002~2003年頃のタイプです。GeForce 3に匹敵する性能です。
「映像ならRADEON」という認識がここで生まれました。
RADEON 9000
シリーズ
2001~2004種類が豊富で、2001年~2004年頃にかけて長期的に発売されていました。
後期型はWindowsのグラフィックシステム 「DirectX 9」に対応。
RADEON X
シリーズ
2004~2006新型の規格の取り付け部の「PCI Express」対応。
GeForce 6000に相当するタイプとなります。
低価格モデルはかなり安く、コストパフォーマンスに優れ、安価なパソコンで多用されていました。
RADEON
X1000 シリーズ
2005~20072005年に登場したモデルとなります。
GeForce 7000に相当するタイプですが、
やや性能面で劣っていました。
新しいグラフィック技術に対応しています。
RADEON
HD 2000 シリーズ
2007~20082007年に登場した GeForce 8000シリーズに匹敵する性能を持つVGAです。
Windows Vistaの登場に合わせ、その新機能「DirectX 10」に
いち早く対応した製品。
名前もXからHDに変わりました。消費電力が非常に高かったのが欠点です。
RADEON
HD 3000 シリーズ
2008~2007年末から登場したRADEON HD 2000シリーズの改良型。
HD 2000シリーズと比べて性能に大差はない。
消費電力の低減や新技術への対応などが行われています。
RADEON
HD 4000 シリーズ
2008~2008年の夏から登場したRADEON HD 3000シリーズの改良型となります。
HD 2000~4000は機能はほぼ同等で、基本性能のみ向上。
新技術への対応と設計の最適化により、コストパフォーマンスが向上。
RADEON
HD 5000 シリーズ
2009~2009年の秋から登場したモデルです。
Windows 7の登場に合わせ、最新機能「DirectX 11」に最初に対応した製品。
基本性能も格段に向上し、従来の製品よりも高性能となっている。
上位型は消費電力とサイズがかなり大きいため、搭載できるパソコンが限られていました。
RADEON
HD 6000 シリーズ
2010~2010年の秋に登場したモデルです。
中間のモデルが先行して発売され、上位型が後に登場した。
中身の構造は新しくなっていますが、性能面にはHD 5000シリーズと大差ありません。
RADEON
HD 7000 シリーズ
2012~2012年初頭から登場したRADEONシリーズの新型です。
従来と大差はないが、内部設計の改良によって消費電力が軽減。
新型の取り付け部「PCI Express 3.0」への対応が行われています。
RADEON
R9 200 シリーズ
2013~2013年末から登場したRADEONシリーズの新型です。
GeForce 700シリーズに対抗して開発された。
新型になったGeForce 700とは違い、
RADEON HD 7000シリーズの改良型です。
性能に大きな変化はないが、やや低価格になったのが特徴です。

 

性能早見表

上位型A段(旧)XTX > XT > Pro/GT > XL/GTO > (表記なし) > SE/VE下位型
B段900 > 800 > 700 > 600 > 500 > 400 > 300 > 200
C段90 > 80 > 70 > 50 > 30 > 10

RADEONシリーズには、同じ型番でもバージョンがあります。
このバージョンによって性能が違ってきます。

上記の表の見方ですが、

最近のグラフィックボードの場合 : [各シリーズの番台] + B + C

例えば、
RADEON HD 6890の場合、6000シリーズの6 + 下三桁の800 + 下二桁の90となり、
N (Nは各シリーズの先頭の数字) + [B段]の数値 + [C段]の数値

つまり、表を見ると最上位の型ということが分かる。
要するに、HD 6890は最上位型HD 6880は上位型HD 6870と続いていく感じである。

また、HD 6990はHD 6890の改良型という感じにもなります。
旧式のグラフィックボードの場合 : [各シリーズの番台] + B + A(旧)

例えば、
GeForce X600 XTの場合、XシリーズのX + 下三桁の600 + XTとなり、
N(Nは各シリーズの先頭の文字or数字) + [A(旧)段]の数値 + [C段]の文字
つまり、表を見ると上位の型ということが分かる。
要するに、X600 XTは上位型X600 GT は中型、その次にX600 LTという流れである。

また、X600とだけで、[A段(旧)]の文字が付いていないものは、表の(表記なし)に該当する。

スポンサードリンク


このページの先頭へ