スポンサードリンク


HDDの規格は?

HDDとは

HDDの規格について

2003年以降に登場した、新しいタイプのデータ転送の規格が、「シリアルATA」。
一般的には略して「SATA」とも呼ばれます。
従来の規格が、ATAといいます。その取り付け部分のことをIDE

SATAの特徴は接続端子がL字の形をしているところです。

 

SATAとATA(IDE)の違い

ATAと比べて一度に大量のデータを送れる上に、
データを送りながら貰う」という双方向同時の送受信が可能になって、速度も向上しています。
ATA100と比べると、シリアルATA(1.5Gbps)は約3倍のデータ転送速度を持っています。

さらに2005年には、シリアルATAの上位版「シリアルATA2.0 (SATA2.0)」が登場しました。
データ転送速度はシリアルATAのさらに2倍(3Gbps)で、データの読み込み効率の向上や、
データの保護機能の追加など、様々な新機能が搭載されました。

技術の進化やSSDという新しい記憶媒体の普及によって、SATA2の性能では追い付かなくなりました。
そのため、2010年からは、さらに上位の「シリアルATA3.0 (SATA3.0)」も登場しました。
SATA2.0よりもさらに2倍の転送速度6Gbpsでデータのやりとりが可能となりました。

SATAの取り付け部分と、旧式のATAの取り付け部分(IDE)は形状が全く違うため、
SATA規格のハードディスクをATAを使うマザーボードに取り付けることはできません。
ただし、SATA規格の場合は上位・下位の互換性がある為、SATA3.0の取り付け部分に、
SATA2.0やSATA(1.0)のHDDを付けることは可能です。

尚、マザーボードにHDDを接続するにはSATAケーブルを使用します。

 

スポンサードリンク

 

HDDのインチサイズについて

HDDの大きさには3.5inch(インチ)と2.5inch(インチ)というものがあります。

HDD インチサイズ 種類

基本的にデスクトップ用が3.5inchを、
ノートパソコンはスペース的な問題があるため2.5inchを付けます。

3.5inch HDDHDDが一般に流通しだした1990年以降からの主流のHDD。
デスクトップパソコンやサーバーのハードディスクとしてに用いられています。
2.5inch HDD主にノートパソコン用ですが、低電力で対衝撃性などにも優れている為、
デスクトップパソコンやゲーム機などで用いられることがあります。

デスクトップパソコン用のHDDと、ノートパソコン用のHDDと思って頂ければ良いでしょう。

あくまでHDDの大きさの違いだけなのなので、
SATAケーブルで接続すれば、いずれのパソコンでも使用可能です。

ただし、2.5inchの方が小さいため、同等の性能の3.5inchとでは、平均的な性能は劣ります。

スポンサードリンク


このページの先頭へ