スポンサードリンク


面白さ溢れるデザインのキューブ型PCケースをレビュー!可愛いカラーバリエーションが新たに発売!魅力あるデザインで女性自作PCユーザも釘付け?

    SilverStone製のMini-ITX対応のPCケース「SST-SG13」の新色が追加されました。

    ブラック&ホワイト基調の本体カラーには、フロントメッシュパネルモデル「SST-SG13B」と、
    フロントフラットパネルモデル「SST-SG13B-Q」の2モデルが用意されています。

    SilverStone ミニタワー

    SilverStone メッシュ

    メッシュタイプはきめ細かい穴があるので通気性がよく排熱には優れています。
    一方、フラットタイプはメッシュ構造でない分、排熱性はやや劣りますが、見た目の質感がよくスタイリッシュな印象です。

     

    もう1色のピンクカラーはフロントメッシュパネルモデル「SST-SG13P」のみあります。

    SilverStone ピンク

    SilverStone ピンク

    ピンク色のPCケースってあまり種類ないから珍しいですよね。
    色のトーンも淡く新鮮さがあり、可愛らしさがあります。

    濃すぎず飽きのこないデザインなので、女性ウケは良いかもしれません。

    さて今回新たに追加されたモデルは上記の3種類となります。
    SilverStone製のSUGOシリーズのPCケースです。

     

    SST-SG13Bのメッシュタイプとフラットタイプの比較

    フロントメッシュパネルモデル「SST-SG13B」と、フロントフラットパネルモデル「SST-SG13B-Q」の違いを見ていきましょう。

    いずれも内部は長めのマザーボードを収納できるスペースがあり、Mini-ITX規格にも対応しています。

    搭載できるベイ数は3.5インチベイが1基(内部2.5インチベイ×2+1基と排他仕様)で、
    標準装備ではケースファンは内蔵されていません。

    エアフロー用に上面と側面に排熱口が用意されています。

    さてこの2モデルの大きな違いは前面のフロントパネルにあります。

    メッシュタイプは排熱性を高める設計が成されており、内部のエアフローを最大限に活かすことが可能です。

     

    スポンサードリンク

     

    一方、フラットタイプの方はフロントパネルに通気部分はありませんが、
    熱伝導性に優れるアルミ調仕上げのフラットパネルになっているモデルです。

    見た目はフラットタイプの方がかっこいいと思います。

    販売価格はメッシュタイプが約8,480円、フラットタイプが約8,980円、と後者の方がやや高めです。
    お手頃な価格なので、比較的購入しやすいPCケースではないでしょうか?

    エアフローを優先するか、かっこよさを優先するかとなりますね。

     

    可愛らしいピンクの女性向けデザインのPCケース

    せっかくなのでピンクカラー「SST-SG13P」の方も紹介していきます。

    仕様そのものはメッシュタイプの「SST-SG13B」と全く同じです。

    優しめのピンクが基調により雰囲気は落ち着いていて、気品の漂う色となっています。

    PCケース ピンク

    PCケース ピンク

    PCケースのカラーバリエーションにピンクがある商品が少ないので、珍しいです。

    特にSilverStone製のPCケースにはピンクはあんまりないので斬新ですね。
    珍しいものが好きな人には向いてるかもしれません。

    なぜピンクだけフロントフラットパネルモデルがないのか疑問です。

     

    SUGOシリーズSST-SG13のスペックと商品仕様

    主な仕様は、拡張ボードのスロット数が2基でスペースが最大266mmまであるので、
    そこそこの大きさがあるグラフィックボードも取り付けられます。

    電源ユニットはミニタワーですが、SFX電源ではなく、ATX電源が使われています。

    その他外部インターフェースはUSB3.0がフロントパネルに2ポート、オーディオ出力、マイク入力。

    SilverStone SUGOシリーズ

    PCケース 可愛い

    あとはオプションでケース内部前面に120mm/140mmサイズのファンを搭載できます。
    ちなみに水冷式CPUクーラーの搭載もサポートしており、こちらも120/140mmサイズの製品に対応しています。

    バランスのとれたPCケースだと思ったんですが、よく見たら5インチベイがない?

    2.5インチと3.5インチベイの数はミニタワーとしては普通ですが、
    5インチベイ分のスペース削ってまで前面にケースファンを取り付けられるスペース用意していたり、
    電源ユニットをATXにしていることから、ケース全体の拡張性はあまり高くはないですね。

    光学ドライブは外付けのものを利用するしかないようです。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ