スポンサードリンク


Hybrid ZEROの軽さは正義!持ち歩くに便利な超軽量ノートPC!出張や旅行のオトモに最高のスペック!

ゴールデンウィークも終盤となり、今日が最終日となります。

気分転換に散歩をするついでに近所のジョーシンを訪れてみたのですが、少し面白いノートパソコンが置いてありましたので紹介していきたいと思います。

 

パソコンコーナーを見て回っていたら「感動の軽さ」というPOPに目を奪われ、
どんな商品か手に取ったところ思わず「軽っ!」と言ってしまいました。

超軽い ノートPC

超軽い ノートPC

今まで持ったノートPCの中で一番軽いと思いました。

これ中身入ってるの?と疑ってしまうほどめちゃめちゃ軽く、薄っぺらいパソコンです。
率直な感想はパソコンとは思えないほどの軽さで驚きました。

こちらのパソコンはNECの「LAVIE Direct HZ (Hybrid ZERO)」という機種で2015年冬モデルとして登場。
Windows 10仕様に再リリースされて「2016年春モデル」として店頭で販売されていました。

 

なんと「250ml水入りペットボトル2本」よりも軽いという超軽量ボディを謳い文句にした製品です。
出張や旅行などの出先のシーンで非常に活躍しそうです。

 

あまりの軽さに欲しくなってしまいました

私の場合、出先用のノートにTOSHIBA Dynabook R730/Bを使っています。
十分軽い方ですが、Hybrid ZEROと比べると雲泥の差です。

ちょうど出先用に超軽量ノートが欲しかったので、気になって商品を見ておりました。

 

超軽いLAVIE Direct HZの魅力

 

どんな方におすすめのパソコン?

こんな人におすすめ!
  • 出張や旅行の持ち運びを考えている人
  • ノートPCとしてもタブレットとしても利用したい人

旅行 ウルトラブック

旅行 ウルトラブック

出張や旅行のシーンで大活躍すること間違いないでしょう。

ウルトラブックのアドバンテージとも言える「薄さ」と「軽さ」が絶大な効果を発揮します。

特に業務用途ではビジネスマンの方は出先でパソコンを開く機会も多いことでしょうし、
鞄に簡単に入るサイズ・薄さなので、わざわざ重たいパソコンを持ち運ぶ必要がなくなりますね。

タブレットがメインのパソコンでは物足りないと感じているユーザにもうってつけです!

 

スポンサードリンク

 

何でこんなに軽いの?

店頭で実機を触ってみたところ、従来のウルトラブック同様に非常に薄かったです。

内部のパーツを極限まで小型に軽量化されており、
特にストレージにPCIe規格のチップ型SSDが採用していることで非常にコンパクトに仕上がっています。

ウルトラブック SSD

さらにほぼすべての材質がプラ素材であり、他社製品と比べると一目瞭然の軽さです。

あくまでイメージですが、A4のバインダーのような薄さ・軽さでした。

 

でも軽くて薄いのは良いですが、他製品のウルトラブックと比べ、
プラ素材ばかりで耐久性が少々不安に感じます。

ちなみに本体重量はバッテリ含めて926gと驚きの軽さ。

世界で最も軽量なパソコンとして商品化されているようですね。

 

2in1なのでタブレットPCとしても利用可能

Hybrid ZEROはノートPC利用に特化していますが、
影響本体をキーボードから取り外すことができタブレットPCとしても利用することができます。

Hybrid Zero タブレット

もちろんキーボードを取り外せばさらに軽くなります。

 

世界最軽量とタッチセンサー付き高解像度ディスプレイ

「NEC Direct」で販売されていますが、カタログモデルとカスタマイズモデルがあります。

カタログモデルのスペックを参考にまとめていきたいと思います。

全モデル共通はOSがWindows 10 Home 64bitであること、
液晶が13.3型ワイド、キーボードやマウスなどの入力装置、各種インターフェース。ほぼ同等です。

Hybrid Zero 軽い

 世界最軽量!出先に重宝すること間違いなし!

冒頭からずっと書いていますが「軽量」な点はなんといっても魅力ですよね。

出先では絶対に重宝すること間違いなしです。

 

 タッチセンサー付きの高解像度ディスプレイ!

タブレットPCにもなるということもありタッチセンサーが搭載されています。

液晶モニタのサイズは13.3型となっており、
鞄などに入れるには邪魔にならないちょうどいいサイズです。

 

 CPUやメモリも十分ハイスペック!

CPUは第6世代インテルCore i7-6500Uもしくは、i5-6200Uのいずれかを選択することができます。

搭載されているメモリはDDR3規格で容量は4GBまたは8GBとなります。

 

自分が思うにこのスペックなら、プログラミング機としても十分使えるマシンです。

特にこれから私の場合、仲間とチーム開発などしていく予定なので、
どこかで集まる際に、出先で使えるパソコンとしては非常に重宝しそうな感じですね。

 

詳しくはNEC Directのスペック表をご覧下さい。

 

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ