スポンサードリンク


AQUOS の2015年冬モデル新機種スマホ!おしゃれバイカラーデザインを採用!ドコモ発売のCompact SH-02Hの特徴は?

    年末に発売が予定されている「AQUOS Compact SH-02H」は、
    4.7インチディスプレイを採用しており、幅66mmに仕上げられたとても小型なスマートフォンです。

    製造メーカーはシャープでOSには今主流のAndroid 5.1が搭載されています。

    2015年冬モデルとしてNTTドコモから12月上旬に発売される予定です。

    AQUOS Compact SH-02H

    実質的な販売価格は3万円台になる見通しです。

     

    特徴はコンパクトながら、ハイスペックな機種として仕上げられており、
    液晶ディスプレイ以外は同時期に発表された「AQUOS ZETA SH-01H」と同等のスペックと機能が盛り込まれているようです。

    商品のラインナップ内では「AQUOS Compact SH-02H」は
    廉価版の機種としてではなく、あくまでコンパクトな高性能モデルとしての登場となります。

     

    ハイスピードIGZOにより快適なブラウジングや高速なタッチ操作

    ディスプレイにはSH-01Hと同じく、フルHDのハイスピードIGZOが採用され、
    フリック操作が滑らかにできるので快適な動作を楽しむことができます。

    レスポンスとしては従来機器が最大60Hz駆動だったのに対し、
    最大120Hz駆動で残像感の少ない映像を楽しむためにスペックアップされています。

    つまり、動きの速い動画などでも綺麗にみれるということですね。

    でも実際は毎秒120フレームもの動画コンテンツはほとんど配信されていませんが、
    AQUOS Compact SH-02H」は動画撮影も再生も120フレームに対応します。

    将来性がある製品とも言えると思います。

    という具合で従来のスマホと比べ、動作がかなり快適になっています。
    ディスプレイの応答速度の精度が高まったといえるでしょう。

    ちなみにFPSなどのゲームでは安定して勝つためには、ディスプレイの応答速度が決め手だったりしますね。

    いずれスマホの画面上でパソコン並みのFPS系ゲームも登場するんでしょうかね?

     

    アプリやUIでの表示・描画速度の向上により快適操作

    もちろん動画以外も通常のユーザインターフェースや
    アプリのコンテンツ描画速度も滑らかになっているそうでカクツキが少なく動作するでしょう。

    ホーム画面、ブラウザ、地図など標準で使うツールでのスワイプ操作も難なく快適だと思いますよ。まあ、普段使うもので動きが鈍かったら困りますよね。

    また面白いことにアプリごとに個別で、毎秒120フレームの描写設定が行えます。

    設定を有効にするには各アプリの設定画面で、「高速液晶表示」という項目に切り替えるようです。

     

    スポンサードリンク

     

    プリインストールされているアプリの一部は自動的にこの設定が有効化されているようで、
    自身で追加したアプリは初期状態でオフになっています。

    しかし、基本的にはどのアプリも毎秒120フレームで動作するようですが、
    もともと毎秒60フレーム制限されたアプリには設定を有効にしても効果がないみたいです。

    これはアプリの仕様なので、仕方ないでしょう。
    リリースされた時期がよっぽど古くなければ、たぶん大丈夫だと思います。

     

    この「高速液晶表示」機能ですが、
    やはり毎秒120フレームの描画設定にすることで、通常の60フレームと比べバッテリー消費は増えます。

    もちろん増えますが、実際には大した差はなく、大きな影響を与えるレベルではないとのことです。

     

    SH-02Hの特徴とスペック

    Compact SH-02Hのその他のスペックについてです。

    まず13.1メガピクセルのメインカメラ(背面)と5メガピクセルのインカメラ(前面)が搭載されています。

    SH01Hと比較するとインカメラの解像度が低くはなっていますが、
    それ以外の仕様はほぼ同等と言えるでしょう。

    メインカメラには手ブレ補正が付いており、210fps撮影のスロー動画も利用できます。
    そして今話題のスーパースロー撮影にも対応し、フルワイドVGAサイズでの2100fpsの動画撮影が可能です。

    その他面白い機能としては、
    「手で本体を握っていることを感知する」グリップマジックなんてものも搭載しています。
    この機能はSH-01Hにも実装されているものですが、SH-02Hではメタルフレームではなく樹脂フレームが採用され、フレーム内部にグリップマジックのセンサが内蔵されているようです。

    あとは残念ながらSH-01Hで搭載されていた「指紋認証センサ」はSH-02Hにはないとのことです。

     

    バイカラーデザインを採用したおしゃれなスマホ

    外観は背面と側面で異なった配色を採用したバイカラーデザインとなっています。

    カラーバリエーションはイエローとシルバーブルーとブラックの2パターンあります。
    それぞれ、背面のデザインを貼り付けてカスタマイズすることができる「ニュアンスシート」が2種類ずつ同梱されているようです。

    スマホ 2015年冬モデル

    おしゃれなスマホ

    背面カバーやバッテリーの取り外しはできないですが、
    側面にはnanoSIMカードとmicroSDカード(最大200GB認識)のスロットが搭載されています。

    ちなみにカードスロットにはカバーがありますが、
    充電時に使用するmicroUSB端子にはキャップレスでなんと防水機能が施してあるそうです。

     

    おしゃれで機能豊富なスマートフォン「AQUOS Compact SH-02H」はもうじきで発売です!

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ