スポンサードリンク


VM環境でe-builderが起動しない時の対処!XPモードでイントラマートの開発を行う準備や方法!Failed to create Java Virtual Machine!

e builder 起動しない

イントラマートのプログラム開発ソフトウェア「e Builder」を起動しようとした時のこと。

ある事情で、個人パソコンのXPモードにイントラマートの開発環境を整備しました。

本当は別PCで開発環境をつくるのが理想ですが、

用意できなかったこともありXPモードでやることに。

 

仮想マシンであるため、メモリ不足等で起動できないんじゃないか?と思いながらも、

開発に必要なものを一式揃えて、準備をしていました。

 

なぜかe Builderが起動しない!

Failed to create Java Virtual Machine.

ちなみに、e Builderインストール後に、XPモードで起動するとこのようなエラーが出てしまいます。

Failed to create Java Virtual Machine.

訳すと、Javaの仮想環境の作成に失敗しました。となります。

Javaの仮想環境?いまいちピンとこないエラーメッセージです。

仮想マシンでJavaのパスが通ってなくて、Javaを実行できないとかそんなあたりでしょう。

e Builderの設定ファイルを書き換えれば、動きそうな気がする。

 

スポンサードリンク

 

そもそもイントラマートのe Builderは、

皆さんお馴染みのプログラム開発ソフト「eclipse」が元となっています。

なので、eclipse関連で検索すれば、出てくるかもしれませんね。

調べたところ情報がありました。

 

どうやら、e Builderの「ebuilder8.ini」の内容を書き換えるだけで済みそうです。

設定ファイルを開くと以下の通りです。

 この中の13行目以降に注目して下さい。

 

-vmargsと書かれた部分に注目してほしい。

 

この-vmargsの上に、以下を追記して下さい。 

ちなみにJDKはインストール済み前提でこの記事書いています。

上のJDKのフォルダパスは各パソコンの環境に合わせて書き換えて下さいね。

追記したら、上書き保存します。

 

e Builderのエラー解消で正常に起動できます!

あとは、e Builderを普通に起動すると・・・。

e Builder  設定ファイル

 

正常に立ち上がってくれます。

やはり、Java関連のパスが通っていなかったようです。

なぜ、仮想マシン内でのみJDKのパスを指定しなくてはいけないかは謎ですが、とりあえず解決です。

 

ちなみにJDKはバージョン7を導入しています。

あとは、Resinを実行する際に必要となりますが、

.NET Framework 4.0と3.5と1.1もインストールしておけば安心です。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ