スポンサードリンク


URIとURLの違いとは何?正しい意味と呼び方を抑えた豆知識!

    URI URL 違いとは

    プログラミングをやっているとよく登場する用語に「URI」というものがあります。

    たまに見間違えて「URL」と読んでしまってしまいますが、
    そもそも「URL」と「URI」の違いって何なのかわかりますか?

    一見似てて混在しやすい両者ですが、実はまったく意味が異なります。

    どういう使い分けをしていくのが基本なのでしょうか?

     

    URLとURIの違いや意味は何なのか

    URIとURLは似てますが、同じ意味ではありません。

    実はベン図で表すとURLはURIの部分集合というポジションになります。

    URL URI 違い

    上図をご覧頂くとわかる通り、よくホームページのアドレスとして称される「URL」とは「URI」という総称の一部です。

    URIは広い概念で定義されており、場所のルール(URL)と識別子のルール(URN)などが含まれます。

    それぞれの意味を以下に示しています。

     

     URL(Uniform Resource Locator)

    URLとは場所を示す書き方のルールのことです。

    ホームページのアドレス=URLという定着が強いですが、
    具体的にはウェブページや画像などの情報を取得するための場所とアクセス方法を示したものですね。

    次に紹介する「URN」は含まれない為、
    運営者がウェブページや画像のアドレスを変更することができるため、「永続的な」という意味は含まれていません。

    あくまで場所の定義だけですね。

     

     URN(Uniform Resource Name)

    URNとは名前を永続的に識別するための書き方のルールとなります。

    聞きなれない言葉だと思いますが、これもURIに含まれる概念のひとつです。

    一度名称をルールとして定義してから以後は絶対に変更しない永久付番のようなものです。

    例を出すなら、地名・言語など不変なものを指すものと考えてよいでしょう。

     

    スポンサードリンク

     

     URI(Uniform Resource Identifier)

    URIとは名前や場所を識別するための書き方のルールの事で、「URL」や「URN」などの規約を総称したものでもあります。

    プログラミングではプラグインやライブラリなどを呼び出すする際に、
    変数や属性値にURIという名称で定義し、それをコーディング内で使いまわすイメージですね。

    永久的に名前と場所を定め、ずっと使っていくものということになります。

     

    ウェブページのアドレスはURLかそれともURIか

    その答えは「URL」と呼んでも「URI」と呼んでも正解です。

    ウェブページのアドレスは場所としても名称の識別もされていますのでどちらの概念でも通ります。

    とはいっても本来、ウェブページのアドレスは訪問者の方に場所を明示したものになるので、「URL」と呼ぶ方が適切だと思います。

    使い分けるとしたらプログラミングなどで、
    記述する際に永久的に利用するアドレスとするならuriという名称を付ける感じでしょうか?

     

    URIと表現できる例

    Javaでいうとパッケージ名だったり、タグライブラリなどが挙げられると思います。

    パッケージ名

    タグライブラリ

    これらは場所だけではなく、識別名としての概念も含まれますので一般的に「URI」と分類されます。

    これでAPIやライブラリなどを利用する際、URIやURLという記述が出てきたら使い分けられますね。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ