スポンサードリンク


phpMyAdminに外部からログインできない回避法とは?BASIC認証でアクセス制限を実装する方法!

XAMPP BASIC認証

普段私はウェブサーバを使って、プログラムやウェブサイトを公開しています。

統合開発環境ってとっても便利なんですよね。
ウェブサーバ構築時はapache、MySQLなどの機能が盛り込まれているXAMPPを利用しています。

これをインストールするだけで欲しい機能がすべて手に入ります。

XAMPPは便利

 

さて、このXAMPPではMySQLのデータベースをメンテナンス管理できるページphpMyAdminというものがあります。

ものすごく便利で重宝しますが、外部のユーザのアクセスを許可する時、
パスワード認証が求められないので、アクセスされ放題です。

なので私はphpMyAdminを複数ユーザで利用する時はBASIC認証を実装しています。

さてそのBASIC認証というものを実装する前に、XAMPPインストール初期状態では、
phpMyAdminは外部IPからのアクセスが近似されていますので、一旦許可してから解説していきますね。

 

外部IPのアクセスを許可する方法

まずXAMPPのフォルダにアクセスし、以下のファイルをエディタで開きます。

開いたファイルの一番最後の「New XAMPP security concept」の項目を以下に書き換えます。

 

httpd-xampp.confの記述を変更

 各種アクセス権の条件指定(118行目あたり)

変更前

 

変更後

※ 記述が見当たらない場合は、ファイルに後述して下さい。

もう1箇所確認する項目があります。

 

 phpMyAdminのURLマッピングの記述 (100行目あたり)

変更前

 

変更後

※Apacheの環境によっては変更が不要の場合もあります。

 

書き換えましたら、上書き保存時、XAMPPを再起動します。

再起動が完了すると、外部からのphpMyAdminへのアクセスが可能になります。

 

BASIC認証用のパスワードファイルをhtpasswdコマンドで生成

まず手順ですが、Cドライブの直下に「.htpasswd」という空ファイルを作成して下さい。
これがないと作業ができないので注意しましょう。

次にコマンドプロンプトを実行します。

以下のコマンドを入力して下さい。

任意のユーザ名とある部分はBASIC認証でログインする際のログインIDになります。
ここではログインIDを先に決めます。

 

スポンサードリンク

 

2行目のコマンドを実行すると、「New password:」と表示されますので、
ログイン時に使用したいパスワードを入力します。

再度「Re-type new password:」と表示されますので、同じパスワードを入力します。

ここまで完了すると処理が実行されBASIC認証用のパスワードファイルが生成されます。
先ほどCドライブの直下に作った「.htpasswd」がパスワードファイルです。

このファイルを以下のフォルダに移動させます。

これでパスワードファイルの生成は完了です。

 

BASIC認証を設定ファイルで実装する方法

次に、以下のファイルをエディタで開き編集します。

開きましたら、ファイルの一番最後に、以下を追記します。

これを追記することで、phpMyAdminにアクセスした際にパスワードを求められるようになります。

最後にXAMPPを起動している場合は、再起動することで設定が反映されます。

phpMyAdmin ログインパスワード

ブラウザでphpMyAdminのURLを入力してアクセスすると、上記のようにログイン認証が求められます。

まあ一応MySQLのユーザIDとパスワードをそのままログイン認証に使う手もあったんですが、
ユーザに依存せず、任意のログインIDとパスワードを設定したかったので、
こんな感じになりました。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ