スポンサードリンク


メンテ性に優れたMicro-ATXケース!簡易水冷にも対応の高機能ミニタワー!SilverStoneのSST-KL06Bの性能について!

SilverStoneからミニタワー型のPCケース「SST-KL06B」が登場しました。
4月3日より販売が開始されるそうです。

SST-KL06B 簡易水冷

SST-KL06B 簡易水冷

シルバーストーンと言えば、スタイリッシュでクールなデザインのPCケースが非常に多いですよね。
個人的に安定したデザインのケースが豊富な印象です。

今回発売されるSST-KL06BはMicro-ATX規格のマザーボード対応のPCケースとなっています。
安定の質感で見た目もシルバーストーンらしいクールな雰囲気を漂わせていますね。

 

コンパクトながら高機能なPCケース

Micro-ATX対応のPCケースと聞くと、拡張性や配線のし易さなど悪かったりしますが、
このSST-KL06Bはそういったデメリットを抑えた設計になっています。

 

組み立てやすくメンテナンス性が高い!

PCケースの場合、コンパクトであればコンパクトであるほど、
組み立てにくかったり、ケーブル類の配線がしにくいものですよね。

このケースは組み立てる人の目線で設計されているので、
パーツの取り付けも従来の製品と比べてやり易くなっているみたいです。

SST-KL06B 価格

SST-KL06B 価格

フロント部分のファンもフロントパネル一式を取り外すことなく、脱着がスムーズに行なえそうですね。
また、電源ユニットの収納ポケットのようなものをあるので、
パソコンを組むことを意識するなら非常にメンテナンス性に優れています。

 

防塵対策も万全!

パソコンって使っているうちにファンの吸気口からホコリがどんどん中に入ってしまいます・・・。
フルタワーなど大きなPCケースなら防塵対策は万全の製品が多いですが、
ミニタワーケースで防塵対策が施されているものは意外と少ないです。

ケース内部のスペースが狭いので、防塵対策を施すと熱が籠り易くなってしまうのと、
そういった対策をする部分が確保できないという理由でしょうね。

SST-KL06Bはミニタワーでありながら、防塵対策を徹底していますね。

SST-KL06B 発売日

SST-KL06B 発売日

ファンの吸気口にはネットを初期で装備していて、フロント部のケースファンに関しては、
内部でフィルターを搭載しているみたいです。
これはかなり珍しいですね。

防塵対策にスポンジやネットを取り付けている製品はありますが、フィルターがついているのはユニークです。
この写真を見ると、空気清浄機の中みたいに見えてしまうのは気のせいだろうか。

 

スポンサードリンク

 

簡易水冷にも正式に対応した商品!

メーカーが簡易水冷に対応していると謳っているそうです。
ミニタワーのケースで水冷?スペース的に厳しくない?と思いますが、
実際に水冷を搭載している写真があります。

SST-KL06B 水冷

ちょっと内部がギチギチな気がするが大丈夫なのだろうか?
このケース、メンテナンス性は優れているとのことですが、冷却性について特に記載がなかったのです。

水冷を付けないと、冷却が追いつかないなんてことはないだろうけど、
この様子だと冷却性はあまり高いようには思えないですね。
ややそこが怖いところです。

尚、水冷ラジエータは省スペース設計ながらも240ミリ寸の製品の装着に対応し、
グラフィックスカードについては奥行き343ミリまでのものを搭載できるらしいです。

 

SST-KL06Bの発売について

SST-KL06Bは4月3日に発売するようです。
販売予定価格は1万円超えとのこと。

Micro-ATX系のPCケースでこれだけ機能が盛り込まれている製品は珍しく、
また、マザーボード倒立配置により内部レイアウトを効率化している点はユニーク。
しかし、やはり心配なのが冷却性ですね。

もしこのケースで組むならTDPの少ない構成にしたいところ。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ