スポンサードリンク


風力2倍のDirectCU IIクーラー搭載!ASUSのOCモデル採用準ファンレスGTX950!ノイズ音も少ない高耐久高品質のパーツを装備!

    ミドルレンジ新型GPU「GeForce GTX 950」の発表がされてから、
    各メーカーから様々な商品が続々と発売されていますよね。

    今回はASUSが8月27日に発売したグラフィックボード「STRIX-GTX950-DC2OC-2GD5-GAMING」についてです。

    最新のNVIDIA GeForce GTX 950を採用しており、国内販売が始まりました。

    ASUS GTX950 最新

    本体の配色は赤と黒の組み合わさったASUSらしさのあるカラーリング仕様となっています。

    GTX950はGTX750Tiより上位、GTX960より下位の性能のGPUで、
    GTX960と同様の演算ユニット「Maxwell2」が採用されているのが特徴ですね。

     

    風力が2倍DirectCU IIクーラー搭載ASUSの最新GeForce GTX950!

    「STRIX-GTX950-DC2OC-2GD5-GAMING」では、
    8mm径のヒートパイプ2本をGPU本体に密接させた「DirectCU II」クーラーが採用されています。

    こちらのVGAクーラーは、冷却性能を高めるため風力を強める独自ファンブレードになっており、
    GPUが低温時はファンそのものを停止する「ウイングブレードゼロノイズファン機能」というものが搭載されています。

     

    スポンサードリンク

     

    この独自ファンブレードは先端部分に航空機のウィングレットにような
    曲げを加えたことによって、風力を増幅する仕組みになっています。

    この機構のVGAクーラーが2基も搭載されているので、冷却効率がぐーんと高まります。
    そもそもGTX950はTDPが90W程度なので、超高温にはなりにくいとは思いますが、
    「DirectCU II」により熱問題にはあまり悩まされずに済むかもしれませんね。

    ちなみにファンの実質的な風力は他社製品と比べ2倍ほどあるとのことです。

     

    OCモデルによるスペック向上と高品質コンデンサによる高耐久

    こちらのグラフィックボードはリファレンス仕様からCPUクロックを向上させたオーバークロックモデルとなります。

    GTX950 オーバークロック

    ASUS GPU 最新

    ベースクロック数は1,140MHz(定格では1,126MHz)で、
    ブースト時のクロック数は1,329MHz(定格では1,190MHz)となります。

    ビデオメモリは2GB、メモリクロック数は6,610MHzで、バス幅128bitです。

    インターフェースはGTX950準拠のHDMI 2.0 x1、DVI-I x1、DVI-D x1、DisplayPort 1.2 x1になります。
    補助電源用コネクタは6ピンが1つあります。

    搭載されているコンデンサやコイルも独自のカスタム部品を使用しており、良質な素材を活かした高密度製造によってコイル鳴きによるノイズを極限まで抑えたチョークコイル(Super Alloy Power II Choke)と、耐用年数を2.5倍までに向上した高耐久コンデンサ(Super Alloy Power II Capacitor)を装備します。

    さらに対応電圧を30%拡大したMOSFET(Super Alloy Power II MOS)、オーバークロック時の安定性を向上するためにGPU裏面用コンデンサ(Super Alloy II CAP)を使用し、ASUSならではの品質が高い製品に仕上がっています。

    また、製造工程でビデオカード基板への部品取り付けを完全にオートメーション化しており、
    人の手では困難な高精度で高耐久性を実現しているようです。

     

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ