スポンサードリンク


新型ミドルレンジGPUが遂に発売!GeForce GTX 950の性能と仕様を比較!第2世代Maxwellで高コストパフォーマンスを実現!

NVIDIAが第2世代Maxwellをベースとした
ミドルレンジGPU「GeForce GTX 950」を新ラインナップとして8月20日に発表しました。

これまで登場しているGeForceファミリーは、
中層性能であるGTX960が2万円~3万円あたりで、その下をGTX750TiやGTX750という位置づけでした。

GTX950 性能

GTX750Tiは前世紀の第1世代Maxwellベースですが、
第2世代Maxwellと性能を比較すると、メモリ圧縮機能やMFAAが不足、
HDMI2.0非対応など劣っている部分が目立っていました。

今回登場したGTX950は第2世代Maxwellを採用している面で、これらの欠点を克服した規格なので、
GTX750Tiよりワンランク上の性能ということになります。

GTX950登場によりGTX900シリーズはハイからローまでの性能が揃ったことになります。

 

GeForce GTX 950の性能比較と仕様について

GeForce GTX 950」は、高性能なMaxwellアーキテクチャーを採用する新ミドルレンジGPUです。

型番の通り、GeForce GTX 960の下位モデルにあたるGPUで、CUDAコア数は768基搭載。
尚、GTX960と同一の「GM206」コアを採用しています。

「CUDA Core」がスケジューラやロード、ストアユニット、SFUと一体型になり、
1つのパーティションを形成するところや、パーティションが4基まとまった構成となっています。

演算ユニット「Maxwell Streaming Multiprocessor」も構成されていたりと仕様そのものはGTX960とほど共通です。

しかし、GTX950では,演算ユニットの総数がGTX960の8基から6基へ減っており、
CUDA Coreの総数も1024基から768基へ減っているため、実質のところGPUの性能はGTX960の75%くらいになります。

 

スポンサードリンク

 

動作クロックはベースクロックで1026MHzとGTX960と比べるとやはり劣化していますが、
ブーストクロック時はやや高めでパフォーマンス的には悪くないです。

これはGTX 950の場合,演算ユニットの総数が2基削減されている分、
TDPがやや低めとなり、負荷が減少し動作クロックが上がりやすいということになるのかもしれません。

メモリークロックは6610MHz、TDP 90Wというバランスのとれたスペックとなっています。

補助電源コネクターは6ピンを1つ装備しているようです。

 

GIGABYTEとZOTACと玄人志向からGTX950が発売

現在GTX950搭載のグラフィックボードを発売したメーカーは
GIGABYTEから2モデル、ZOTACから1モデル、玄人志向から2モデルとなっています。

GV-N950OC-2GD

GV-N950OC-2GD 価格

GV-N950WF2OC-2GD

GV-N950WF2OC-2GD 価格

GIGABYTEから発売された2製品とも2スロット厚のVGAクーラーを採用し冷却性能を高めています。
エアフローは今回登場した中でもGIGABYTEの製品が良いでしょう。

GV-N950OC-2GDが1基、GV-N950WF2OC-2GDが2基VGAクーラーが積まれています。

販売価格はGV-N950OC-2GDが24,818円、GV-N950WF2OC-2GDが26,978円あたりのようです。

 

GeForce GTX 950 2GB DDR5 SINGLE FAN

GeForce GTX 950 2GB DDR5 SINGLE FAN

ZOTACから発売したGeForce GTX 950 2GB DDR5 SINGLE FANもVGAクーラーは厚めです。

90mm径ファンを搭載したシングルファン設計を採用しています。
ボード全長が約173mmと非常にコンパクトなサイズを実現しているので、省スペースパソコンにも最適。

販売価格は25,000円前後のようです。

8月下旬に続々とGTX 950仕様のグラフィックボードが発売されるようです。

 

GF-GTX950-E2GB/OC

GF-GTX950-E2GB/OC

GF-GTX950-E2GB/OC/DF

GF-GTX950-E2GB/OC/DF

最後に玄人志向からも2モデルGTX950製品が発売されています。

こちらのVGAクーラーはセミファンレス仕様のオリジナルクーラー採用モデルということになっています。

GF-GTX950-E2GB/OCがファン1基でコンパクトなモデルで、
GF-GTX950-E2GB/OC/DFがファン2基で大型なモデルです。

後者はカラーリングが赤と黒と他の製品と比べかなり派手な印象ですね。

販売価格はGF-GTX950-E2GB/OCが23,738円、GF-GTX950-E2GB/OC/DFが25,898円のようです。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ