スポンサードリンク


超薄型47ミリのトップフローCPUクーラー「C7」!省スペースPCケース対応小型設計!ヒートパイプで純正クーラーより高い冷却性能!

ディラックは台湾CRYORIG製のCPUクーラー「C7」を発表しました。
小型設計のトップフロー型のCPUクーラーで、小型なPCケースでも取り付けができるのが特徴です。

ディラック C7

ファンの羽根部分のカラーリングはホワイトと涼しい印象が感じられますよね。
クーラー本体は横に平ぺったい構造をし、面白味ががあります。

小型ながらパフォーマンスも高く、冷却効果も期待できると謳った商品のようです。

 

省スペース設計のトップフロー型CPUクーラー

ファンを含むクーラー本体の高さが47ミリと省スペース型PCケースにも十分対応できる大きさです。

他のCPUクーラーと比較してもその驚くべき薄さがよくわかりますよね。

超小型 CPUクーラー

 

ヒートシンクとクーラーの高さを合わせて47ミリとかなり薄型構造です。

小型の省スペースPCケースにも干渉しにくい平たい設計なので、取り付けに苦労しなくて済みそうです。
特に横置きのリビングタワーなどには最適なCPUクーラーといえることでしょう。

当然のことながら、省スペース向け製品なのでトップフロー型CPUクーラーとなります。

 

スポンサードリンク

 

ヒートパイプ採用で冷却性能向上!インテル純正クーラーと比較!

薄型CPUクーラーの弱点は、やはり冷却性能が低いところです。

ヒートシンク部分の短い分、CPUから発した熱を吸収する熱伝導性が低いため、
効率よく冷えなかったりすることが多いです。

しかし、ディラックの「C7」の場合、ヒートパイプ構造を採用しており、
インテル純正クーラーと比較して、25%以上も冷却性能が向上しているそうです。

小型CPUクーラー おすすめ

小型なのに冷却性能が高いという数値が出ています。

その秘密はヒートパイプにあり、熱伝導性を高めている点にあります。
フィンだけでなく、ヒートパイプを用いることで冷却性の高めています。

ちなみにヒートパイプの素材もニッケルメッキの銅製で、フィンはアルミ製です。

また、ユニバーサルソケット設計により、
対応ソケットはインテルではLGA1150、1151、1155。
AMD製ではSocket FM1、FM2、AM2、AM3と最近の規格のものはほぼ使えるということです。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ