スポンサードリンク


連日で大須!玄人志向の700W電源を購入!80PLUSシルバー!

    この前、アイススケートで大須行ったのに、今日も大須へ!

    今回は単独で行ったわけですが、なぜ行ったかというと、

    自作PC壱号機の電源を新調したかったからである。

     

    友人から購入した中古電源から新調!

    だいぶ前に、中学時代の友人であるN氏から電源を購入した。

    N氏は私よりも前から自作PCを組んでいたようで、自宅にあがると、

    デカデカと自作PCが置いてあった。

    どうやら使わなくなった電源があるらしく、少ししか使用していないという新古品レベル

    当時、1000円で入手しました。

     

    Antec製の電源!Power 430!

    箱はボロボロだったけど、電源と付属品は真新しかった。

    通常のATX電源ですが、規格が少し古く、補助電源のピンが4pinのもの。

    電源の容量は430W80PLUS認証はなし!

     

    性能は微妙ですが、電源が枯渇していたので、ちょうどよかった!

    最近のマザーボードはマザボード側の補助電源のコネクタが8pinのものが主流。

    4pinのケーブルでも左側に挿せば、普通に使えますが、

    相性によっては、電力不足パソコンの動作が不安定になり兼ねない。

    そこで、電源を新調しようと思い、大須へ急行した。

     

    スポンサードリンク

     

    大須でコストパフォーマンスに優れた電源探し!

    将来的にグラフィックボードを搭載する予定なので、

    どの道今の430Wの電源じゃ足らない。

    ということで、大須で良さげな電源がないか探し回った。

     

    玄人志向の電源!KRPW-PS700W!80PLUS認証付き!

    ご存知の通り、玄人志向はサポートのコストを減らし、

    製品の価格を安く販売するスタイルのメーカーです。

    なので、コストパフォーマンスに優れている製品が結構ある。

     

    最初に目についたのが、この電源だ。

    玄人志向 700W

    価格は8千円前後でした。

    700Wも電源容量があるし、電送効率の指標でもある80PLUS認証のシルバー付き。

    値段もお手頃なので、買おうか迷いました。

    私的には80PLUS認証ゴールドが欲しかったのです。

    ゴールドとなるとランクが急に上がり価格も高めなものばかり。

     

    さすがに手が出なかったので、結局この電源を採用することにしました。

    マザーボードの寿命を考えるならば、

    やはり負荷の少ない80PLUS認証のゴールドやプラチナを選択するとよい。

     

    まあシルバーあれば十分でしょ!

     

    ちなみに!この日、夕方からバイトなので、急いで帰りました(笑)

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ/SE。 フリーランスとしてウェブサイトの構築・保守の業務に従事。専門学校とパソコンスクールで講師も担当。幼少期からパソコンが大好きで、趣味がそのまま仕事に転じた。自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃。自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。

      スポンサードリンク


      One Response to “連日で大須!玄人志向の700W電源を購入!80PLUSシルバー!”

      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ