スポンサードリンク


GuestAdditionインストール方法!VMのCentOS6.5のエラー対処!

    仮想化技術が出始めてから、その需要は飛躍的に上がってきています。

    ヴァーチャルマシン(VM)を私もよく使います。

    とくにOracleのVirtual Boxが非常に高機能で使いやすいです。

     

    このVirtual Boxの機能のひとつであるGuestAddition

    知っている人はもちろん使っていると思いますが、使わなきゃ損。

     

    GuestAdditionとは?機能について調べた!

    手始めにGuestAdditionの機能についてご紹介したいと思います。

     

      • マウスカーソルのシームレスな移動
      • シームレスなウィンドウサイズの変更
      • 高解像度のデスクトップ画面が使用可能
      • ゲストマシンの制御と監視
      • ホストマシンとの時刻の同期
      • 共有フォルダ
      • クリップボードの共有
      • オートログオン(Windows,Linux,Solarisのみ)
      • ハードウェア3Dアクセラレーションのサポート

     

    主にこれだけの機能がある。

    極めて重宝するものを赤色で着色した。

    ホストOSとゲストOS間でのやり取りがスムーズになり、操作性が向上する。

     

    これらの機能を使用するには仮想マシンに

    Guest Additionというプログラムをインストールする必要がある。

    しかし、普通にインストールしようとしても、なぜかエラーとなってしまうことがある。

    そのエラーを回避する対処法を本記事でご紹介します。

     

    Virtual BoxのGuest Additionをインストールする方法!

    CentOS6.5のみでしか試していないので、他のバージョンは未検証。

    恐らくはバージョンが違っても、基本的には手順は同じだと思う。

    作業自体は単純なので、順々に進めていきましょう。

    ちなみにネットワーク接続は有効にしておいてくださいね。

     

    スポンサードリンク

     

    Guest AdditionsのCDイメージをマウントする

    CentOS6.5の仮想マシンが起動している状態で、

    メニューバーの[デバイス]->[Guest AdditionsのCDイメージを挿入]を選択。

    Guest AdditionsのCDイメージを挿入

    エラーが出るときは。たいてい仮想ドライブに他のCDイメージが挿入されているか、

    仮想ドライブ不足が原因なので、一度仮想マシンを終了し、

    仮想ドライブを追加するなどして、空の状態のドライブを用意します。

    virtualbox ストレージ IDE

     virtualbox ストレージ IDE

    設定の変更が終わりましたら、仮想マシンを起動します。

    起動したら、再度CDイメージのマウントを行ないます。

    メニューバーの[デバイス]->[Guest AdditionsのCDイメージを挿入]を選択。

    VirtualBox CDマウント

    デスクトップにCDのアイコンが表示されます。

    このような画面が出れば、正常にCDのマウントが行われています。

    表示されたダイアログは一旦、Cancelで閉じておきます。

     

    ちなみにこのダイアログのOKボタンをクリックし、RUNボタンをクリックしますと、

    インストールが開始されます。

    が、下記のようなエラーがたいていの場合出てしまいます。

    Bulding the main Guest Additions module

    Bulding the main Guest Additions moduleの項目がFAILED

    となる場合があります。

    訳すと”Guest Additionsのメインモジュールの構成に失敗しました。”

    つまり、インストールが失敗したということ。

     

    このエラーを回避する方法を続いてご紹介します。

     

    Bulding the main Guest Additions moduleの対処法!

    では早速、エラーを対処しましょう。

    エラーが出る原因は、Guest Additionsのインストール時に

    必要なパッケージがCentOSに存在しないからだ。

     

    手始めに、カーネルの必要なパッケージをインストールします。

    以下のコマンドを実行して下さい。

    確認メッセージが表示されたら、「y」を入力し、インストールを完了させます。

     

    ついでにCentOSのカーネルもアップデートをしておきましょう。

    アップデートが完了したら、rebootコマンドで、CentOSを再起動します。 

     

     それでは、カーネルソースの場所を上書きします。

    ここまで終われば準備は完了です。 

     

    それでは今度こそGuest Addtionsをインストールしましょう!

    カウントディレクトリをcdコマンドで指定してから、

    インストール用の実行ファイルを指定する。

    尚、xxxxxにはバージョンが入ります。

    デスクトップ上にマウントされているCDのイメージファイル名を確認するとわかると思います。

     

    インストールが完了したら、CentOSを再起動します。

    これでゲストOSとホストOS間でのやり取りがし易くなります!

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ/SE。 フリーランスとしてウェブサイトの構築・保守の業務に従事。専門学校とパソコンスクールで講師も担当。幼少期からパソコンが大好きで、趣味がそのまま仕事に転じた。自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃。自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ