スポンサードリンク


YouTube動画を簡単にループ再生!Chromeアドオン「Looper for YouTube」の使い方とインストール!

Looper for YouTube 使い方

先日、YouTubeの動画をループ再生する『Listen on Repeat』というサイトを紹介しました。

とても使いやすく、すぐに利用できるというメリットがありますが、
Chromeの拡張機能でも同様にループ再生できるものがありましたのでレビューしてみたいと思います。

今回ご紹介するのは『Looper for Youtube』というアドオンです。

Google Chromeを普段利用しているユーザには必見です。

 

Looper for Youtubeをインストール

 Looper for YouTubeをインストールする

まずはChromeのウェブストアからLooper for YouTubeをインストールし有効化して下さい。

インストール手順としてはこれだけで済みます。

この状態でYouTubeの動画ページを観て下さい。変化があります。

 

Looper for YouTubeの使い方

アドオンをインストールした状態でYouTubeの動画を再生しようとすると、
動画の評価欄のボックスに「ループ」というアイコンが自動的に追加されます。

Looper for YouTube 使い方

そうなんです。Looper for YouTubeでは直接YouTubeの動画サイト内でループ再生ができます。

これはこのアドオンの大きなメリットでしょう。
スクリプトでループ機能を直接搭載してしまうという素晴らしいアドオンです。

インストールしてから半信半疑でYouTubeの動画ページにアクセスしたら「ループ」機能が付加されていたので驚きました。

 

「ループ」のアイコンをクリックすると、ループ再生が有効になります。
操作方法は画面を見ればすぐにできると思うぐらいシンプルです。

余計な機能もないので、迷う心配がないですね。

 

スポンサードリンク

 

部分的なループ「ABリピート再生」にも対応!

このアドオンの利点はもうひとつあり、部分的なループ再生ができるところです。

「ループ」アイコンをクリックすると設定メニューが表示されます。

Looper for YouTube 使い方

部分再生」のチェック入力をすると部分再生モードに切り替わります。
あとはゲージをマウスで調整して部分再生したい範囲(赤い帯)を指定しましょう。

これで自動的に部分ループ再生が可能です。

マウスで思った位置に時間指定ができない際は、部分再生右横の時間を手入力することで微調整できます。

 

Listen on Repeatと比較

さて今回ご紹介した『Looper for Youtube』ですが、かなり使えるアドオンだと思います。

同様にループ再生ができるウェブサービス『Listen on Repeat』と比べて、
YouTubeで直接ループ再生ができる点では『Looper for Youtube』の方が優れています。

特に普段利用しているインターネットブラウザがGoogle Chromeならおすすめです。

ワンクリックでループ再生できてしまうのでものすごく楽なんですよね。

 

ただブラウザを選ばない点では『Listen on Repeat』の方が優れているとも言えます。
当然のことと言えばそうなんですが、どの環境でも使える点では優秀。

あとは、『Looper for Youtube』で惜しいのがアルバム再生ができないところ。
その面でもグループ再生対応の『Listen on Repeat』の方が良かったりします。

手軽且つYouTubeで直接ループするなら断然『Looper for Youtube』が最適ですね。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ