スポンサードリンク


アマゾンの新型タブレット7型Fireと8/10型Fire HD登場!高速クアッドコア搭載で処理が軽い!新モデルの違いや特徴は?

アマゾンの新型タブレットが今月末の9月30日に続々販売されます。

「Fire HD」シリーズの新モデルとして、8型モデルの「Fire HD 8」と
10.1型モデルの「Fire HD 10」が発売予定です。

さらに7型モデルでは「Fire」も発売されます。

Amazon タブレット 8インチ

Amazon タブレット 10インチ

いずれもレスポンスの高さをウリにしている商品で、Fire HDシリーズの中では上位モデルとなるでしょう。

気になっている噂の激安6インチタブレットの詳細については未だに発表がありませんね。

今回はFire HDシリーズの新商品の紹介となります。

 

7型Fireと8型・10型Fire HDの特徴と比較

いずれもOSは「Fire OS 5」を採用したタブレット端末となります。

製品名
Fire
Fire HD 8
Fire HD 10
Fire 新型
Fire HD 8 タブレット
Fire HD 10 タブレット
OSFire OS 5 “Bellini” (Android 5.0ベース)
プロセッサー1.3GHzクアッドコア1.5GHz×2、1.2GHz×2 クアッドコア
メモリ1GB
ストレージ8GB8GB/16GB16GB/32GB
ディスプレイ7インチ
1024×600ドット
IPS
8インチ
1280×800ドット
IPS
10.1インチ
1280×800ドット
IPS、偏光フィルタ
バッテリー駆動時間最大7時間最大8時間
無線機能IEEE802.11b/g/n、BluetoothIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth
カメラフロント:640×480、約30万画素
リア:200万画素
フロント:HD (1280×720)、約92万画素
リア:500万画素
インターフェースmicroSDカードスロット(最大128GB)、microUSB、ヘッドホン出力
センサーアクセロメーター(加速度センサー)、ジャイロスコープ
サイズ・重量W191×D115×H10.6 mm
313g
W214×D128×H7.7 mm
311g
H262×D159×H7.7 mm
432g
販売価格8980円 (プライム会員なら4980円)1万9980円 (8GB)/2万1980円 (16GB)2万9980円 (16GB)/3万2980円 (32GB)

表を参考に共通仕様を見ていきましょう。

  • OSはAndroid 5.0(Lolipop)をベースに改良した”Bellini”ことFire OS 5を採用。
  • メモリ容量は1GB
  • インターフェースはmicroSDカードスロットとmicroUSBケーブルを用意。

メモリが1GBと少ないのが難点ですね。
重いアプリケーションを利用するのは避けたいところです。

アマゾンのタブレットの場合、ビジネスやプライベートなどで汎用的に利用するもにではなく、
あくまで動画や音楽、電子書籍、ゲームなどのメディアコンテンツ、特にアマゾンで販売されているコンテンツを楽しむためのタブレットという位置付けが大きいです。

なので、スペックはそれほど高くない商品展開になっています。

 

スポンサードリンク

 

ただ今回はCPUが高速のクアッドコアを採用しているので、上記コンテンツの動作のレスポンスは従来の製品よりも素早いみたいです。

価格もお手頃なので、比較的購入しやすいタブレットではありますね。

 

プライム会員だと新型Fireが4980円と格安で購入可能

7インチタブレットの「Fire」を購入する場合、通常の販売価格8980円ですが、
アマゾンのプライム会員を登録しているユーザは4980円で買えるという特典があります。

5000円前後で購入できるタブレットと聞くと中華タブや、
かなり前に発売されたドン・キホーテの格安タブレットを思い浮かべてしまうが、やはり安いだけあって性能が悪いです。

Fireの場合、ちゃんとしたアマゾンブランドなので、信頼性はありますよね。

格安で且つ、そこそこ信頼性のあるタブレットを狙っている方は是非この機会に、
「Fire」を購入してみてはどうでしょうか?

もちろんプライム会員でないと恩恵は受けれないけどね・・・。

 

ストレージの容量不足はmicroSDメモリーカードで解決!

3モデルともストレージ容量はそれほど高くなく、下位モデルでは8GBですよね。
実質はOSやシステム関連のプログラム容量で8GBも使えないです。

なので8GBだと本当に何もできないんですよね。

でも各製品ともmicroSDメモリカードのスロットが実装されているので、
本体のストレージ容量はあまり気にする必要がないです。

ストレージ容量は十分空きが合った方が良く、少ないと動作が不安定になることもあるので、
容量の大きいmicroSDカードを挿して、データはこちらに管理した方が都合がよいです。

なので、無理して容量の大きい上位モデルを買う必要はない気がします。

ちなみに旧モデルではメモリーカードスロットが搭載されていなかったので、これは大きなメリットです。

最近なら32GBのmicroSDカードも入手しやすいので、
併せて購入すればコストパフォーマンス重視のタブレット端末になるというわけです。

 

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ