スポンサードリンク


ContactForm7のドロップダウンメニューをカスタマイズ!空項目の初期値を自由に変更する方法!

    Contact Form7 カスタマイズ

    WordPressのお問い合わせページを構築するプラグイン「Contact Form 7」。

    このプラグインの機能でドロップダウンメニューを登録できますよね。

    Contact Form 7を使っている人なら、たぶん利用していると思いますが。

    セレクトボックスの選択値を簡単にセットして、
    画面上に出力することができ、大変便利なものですが、設定項目に「先頭に空の項目を挿入しますか?」というものがあります。

     

    ドロップダウンメニューの初期値を変更する方法

    通常Contact Form7ではドロップダウンメニューで初期値に「空の項目」を含める場合、
    選択項目の名称が「—」と表記されてしまいます。

    Contact Form7 初期値

    この項目名を変更したくても、プラグインの設定画面では制御できないのです。

    恐らくContact Form7を使っていると気付くと思います。

    私もこの選択項目の名称を変えたいと思っていました。

     

    やり方は非常にシンプルです。

    まずは「/wp-content/plugins/contact-form-7/modules/select.php」をテキストエディタなどで開きます。

    72行目あたりの

    と記述されている箇所を

    に書き換えましょう。

    Contact Form7 初期値

    すると、セレクトボックスの初期値が「選択して下さい」の文字列に置き換わります。

    お問い合わせページで表示させたいお好みの文字列に変更するだけで簡単に変更することができます。

     

    スポンサードリンク

     

    セレクトボックスの空文字の初期値を複数分岐させる方法

    初期値の設定を少しだけ応用させてみます。

    39行目付近のソースに以下の1行を追加して下さい。

    色付けされた箇所です。

     

    さらに、冒頭で「選択して下さい」というラベルに変更した箇所を以下のようにします。

    こうすることで、セレクトボックスの空項目の初期値を分岐させ、使い分けることができます。

     

    使い方はショートコードの属性に「default_label:##」というパラメータを追加させます。

    [select* pc-parts include_blank default_label:1 “マザーボード” “メモリ” “グラフィックボード”]

    上記の例の場合は、default_labelが1なので、「お好きなものをお選び下さい」という名称になります。

    default_labelを指定しない場合や、switch文に定義されていない番号を指定した場合はdefaultの「—」が表示されます。

    ソースを書き換えれば、初期値の種類を自由に追加できますよ。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ