スポンサードリンク


Breakキーがないパソコンの対処法は秘密のショートカットキー?

    一般のパソコン利用者はあまり使う機会はないとは思いますが、
    パソコンのキーボードに「breakキー」と呼ばれるものがあります。

    プログラマーやパソコンの講師などの方だと、ショートカットキーに精通していれば利用頻度が高いかもしれません。

    Breakキー ない代わり

    デスクトップパソコンならキーボードにBreakキーがあるのは当たり前なんですが、
    ノートパソコンだとこのBreakキーがない場合が多いです。

    特にキー数が少ないノートパソコンだと、一般利用者向けに、
    使う頻度の少ないキーが省略されてしまうことがあります。

    私もいろんなノートパソコンを使いますが、Breakキーがなくて戸惑ったことが何度もありましたね。

    諦めるしかないのかと思っていましたが、せっかくなのでBreakキーがないときの対処法をまとめておきたいと思います。

     

    Breakキーがない場合の対処法

     

     代わりのショートカットキーを利用する
    Breakキーの代わりになる?
     Ctrl + ScrLk

    Breakキー 代わり

    ※1) ScrLkキーは「ScrLook」や「ScreenLock」と表記されている場合もあります。

    ※2) ScrLkキーはFnキーですが、基本的には「fn」キーを入力しながら入力する場合がほとんどです。

    一応Break代用のキーとして使えるショートカットキーですが、
    絶対にBreakキーとして認識するとは限りません。

    はっきり言ってしまうと、メーカーPCの仕様によってまちまちなので、そればかりは何とも言えません。

    代用キーが用意されていない場合は諦めるしかないでしょう・・・。

     

     ThinkPadなどのWindowsタブレットの場合は[Fn + P]に割り当てられている場合もあるみたいです。

     

    スポンサードリンク

     

     スクリーンキーボードを利用する

    Windowsの機能である「スクリーンボード」を使えばほぼ確実です。

    但し、わざわざ表示させるのが手間なのと、当然ながらWindows OS(確かXP以上)でしか使えません。

     

     まずはWinロゴキー+Uでコンピューターの簡単操作センターを開きます

    スクリーンキーボード ショートカットキー

     

     スクリーンキーボードを開始します

    スクリーンキーボード 起動方法

     

     スクリーンキーボードの「Pause」キーが「Break」キーとして利用可能

    スクリーンキーボード 使い方

     

     BIOSの設定画面にBreakキー有効/無効の項目がある?

    今まで使ったノートパソコンでBIOSの設定項目に「Breakキー」の有効/無効の設定をした覚えがあります。

    本当に稀だとは思いますが、メーカー製PCの場合は、
    BIOSに特殊なオプションが含まれているケースがあるので、確かめてみるのも一つの手だと思います。

     

    まとめ

    思いつく方法を3つ挙げてみましたが、
    よくよく考えてみれば、「キー割り当て」ができるフリーソフトを使えば解決できるんじゃないかと思いました。

    できる限りWindowsの標準で対処できる方法にこだわっていましたが、
    普通に考えてフリーソフトに頼ってもいいのかもしれませんね。

    今回はフリーソフトの方は敢えて紹介しませんので、上記の方法を試してうまくいかなかった方は探してみて下さい。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ