スポンサードリンク


魅せる透明ガラス製タッチキーボード降臨!幻想的なLEDライトアップでビジュアルを楽しむ新感覚の商品!

透明ガラスでできた美しいキーボード「DN-12910」が新販売しました。
ガラスの透明度による高級感あふれた新感覚のキーボードとなっています。

なんとこのキーボードには物理キーが一切なく、1枚ガラス板をタイプするという一風変わった商品なんです。

ガラス キーボード

特殊なセンサーにより、キータイプを認識することができます。
また、キーボード上でジェスチャーによる操作も行なえます。

見た目のクオリティーと斬新さから「近未来的」なイメージをもたらすキーボードですね。

 

キーボード面全体がガラス製タッチパッド

キーボード本体はアルミフレームに覆われており、
キーの部分はすべてガラス板一枚で構成されています。

使用されているガラスは表面硬度が7Hある石英ガラスで、
ガラスや鋼鉄などに傷をつけることができるほどの硬さがあります。

ガラス キーボード

ガラス キーボード

物理キーは存在しませんが、タッチセンサーによりキータイプを実現しています。
でも個人的にはやはりタイプ時の感触を味わいたいので、物理キーなしキーボードは少し抵抗がありますね。

センサーの感度がどれくらい良いか実際に触れてみないとわからないので、難しいところです。

ただ見る感じひんやりしてそうなので、夏場の暑い時期は思わず触れたくなるほど
涼しげで快適かもしれませんね。

 

防指紋コーティング仕上げで汚れにくい

ガラス製品を使っていてなにより心配なのが、指紋や結露などの汚れです。
普段気にしなくても照明の光などでちょっとした反射で見れる指紋汚れがかなり気になります。

ガラスの欠点は汚れやすいところですが、「DN-12910」は防指紋コーティングを施しているそうで、指紋汚れが付きにくいようです。

「ガラス表面を微細な凸凹に加工することで、汚れが付きにくい」と以前見たテレビ番組でやってたんですが、仕組みはそれでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

何にせよ、汚れにくい加工を施してあるので、安心ですね。
ということは結露による曇りも多少は軽減できるのかな。

ガラス一枚板なので、飲み物をこぼしてしまったり、キーの溝にごみが溜まったりする心配がなさそうなので、ある意味優れたキーボードかもしれません。

 

LEDライトアップによる幻想的な

十分このビジュアルだけでガラスキーボードの「美しさ」を堪能できますが、
LEDライトアップ機能を用いれば、幻想的な世界にあなたを引き込むこと間違いないです。

ガラス キーボード

ガラス キーボード

ペールピンクもしくはペールブルーの淡いLEDの光源がガラスの屈折を通して、
キーボードの雰囲気を柔らかくしてくれます。

ガラスとLEDが織り成す輝きが、「異様」にも「特別」とも感じる魅力があり、思わず触れずにはいられなくなります。

LEDの配色はこの2色から選ぶことができます。

 

DN-12910のスペックと販売価格

ガラス製のキーボードなので、もちろん物理キーはなく、タッチセンサー式のキーボードとなります。
キー配列は84キーの英語配列となり、ゲーマーなどの人にとってはキーが足らないかもしれない。

あくまでビジュアルを楽しむ商品なので、機能的ではない印象です。
1枚ガラスをタイプする新感覚が楽しめるでしょう。

ただジェスチャーによる操作が可能なので、面白味のあるキーボードです。

ちなみにUSBケーブルによる有線接続の仕様です。

 

店頭での販売価格は約16,000円前後となっており、
パソコン周辺を美しさ重視で飾るなら悪くない値段だと思います。

個人的には以前ご紹介した記事でIn Win「805」シリーズのパソコンケースがあります。
こちらもガラス製でできているので、組み合わせれば光沢感のある涼しいPC環境が整うことでしょう。

[Bastron] [The Gadget Share]タッチガラスキーボード Ultra Slim Touch Keyboard Windows/Android/iOS対応 ELE001

新品価格
¥23,000から
(2015/9/2 21:00時点)

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ