スポンサードリンク


フランス製2016年おすすめの最強CPUクーラーが日本上陸!Machoの超高冷却ファンレス、ヒートパイプ構造でTDP300W対応?

    Thermalright製CPUクーラーの新モデル「Le Grand Macho」がつい先日15日に発売されました。

    Machoシリーズの究極進化形を言われているらしく、フランス限定で販売されていたモデルのようです。

     

    その限定販売の品が、ついに日本上陸になりました。
    そこそこ珍しい製品なので、発売を待ち望んでいた人もいるかもしれませんね。

    2011年夏にリリースされたMachoシリーズより、
    強力かつ静かな冷却効果をもたらす製品を求めるユーザに支持されてきました。

    今回発売が決まったLe Grand MachoはMachoシリーズ最終形態となります。

    Le Grand Macho CPUクーラー

    画像を見るだけでも十分に大きいCPUクーラーであることが伝わると思います。

    「Le Grand Macho」は、PCケース内のファンを用いた
    セミパッシブルクーリング構造が魅力の特長的な大型サイドフロー式のCPUクーラーです。

     

    前モデルからヒートシンク設計の大幅な改善が行われ、より強力なCPUクーラーに仕上がっているようです。

    主に完全された内容は以下の通りです。

    • 8コアCPUに最適化されたベースプレート
    • セミパッシブクーリング構造を採用
    • 放熱性能の高いアルミフィン、気流制御を目的としたエアーダクト
    • 高冷却クーラーで定評のあるヒートパイプ構造
    • ファンレス構造、多くのユーザのPC環境・ニーズに対応(ファン別売)
    • ユニバーサルマウント(ソケットが共通)

     

    ヒートシンク設計の大幅な改善により最強のCPUクーラに!

    Macho前モデルのヒートシンクモデル「HR-22」から設計を見直し、
    冷却効果を極限に高めた改善につながったようです。

    もともと冷却効果に定評のあるMachoシリーズですが、さらに強力なCPUクーラーに仕上がってるそうです。

    Le Grand MachはこれまでのMachoシリーズよりも3mm低く
    PCケースやマザーボードとの干渉を抑え、様々なPCケースに収容できるように改良されています。

     

    超大型クーラーでもマザーボードに干渉しない工夫

    Le Grand Machoの本体サイズは幅120×高さ159×奥行150mmという超巨大なCPUクーラーです。

    超高冷却 CPUクーラー

    超高冷却 CPUクーラー

    大きいだけあって載せられるPCケースに制限はありますが、
    マザーボードとの干渉を防ぐように非対称となるヒートシンクデザインを採用しています。

    CPUのフィン本体の位置をずらした、マザーボードの拡張スロットとの干渉がしにくい設計です。

    ただ製品が大きいだけあって、もちろん小型のケースには搭載は難しいです。
    空冷式で高冷却のマシンを組むユーザには重宝しそうです。

     

    8コアCPUにも最適化されたベースプレート

    Le Grand Machoは、ニッケルメッキ処理と精密研磨されたベースプレートを備えています。

    ファン本体のサイズは従来モデルよりも拡大されており、
    インテルCore i7のような最大8コアで稼働させる高性能CPUの動作を前提として開発されました。

    本体形状は特にインテル製CPU向けになっており冷却性能は申し分ないとのことです。

     

    セミパッシブクーリング構造とファンレス

    Le Grand Machoは、冷却ファンを装着してなくても冷却を行なえるファンレスCPUクーラーです。

    ファンレスクーラーの特徴であるPCケースに装着済みのファンで
    発生するエアフローを利用し、CPUを冷却する仕組みです。

    ケース内にかさばるクーラーを使用しないことで、省スペースでも取り付けが行えるメリットがあります。

    パソコンの廃棄能力を活かして、ヒートシンク上の熱を奪っていきます。

    ただしパソコンの元の冷却性能が十分である必要がありますね。

     

    スポンサードリンク

     

    別売りケースファン取り付けで最大でTDP300Wに対応

    Le Grand Machoはファンレスとしても使用できますが、
    さらに冷却性能を高めたい方はファンダクトを装着するのもよいでしょう。

    特にオーバークロックする際は膨大な熱源が発生しますので、取り付けるのがおすすめです。

    付属のクリップにより140mm規格のケースファンを装着することができます。

    実測値では最大TDP300Wまでの冷却に対応しているようで、
    エクストリームシリーズなどの高排熱マシンにも使えそうですね。

     

    放熱効果抜群のアルミフィンに安定したフローを供給するエアーダクト

    ヒートシンクにはアルミニウム製冷却フィンが採用されています。
    さらにフィン間の空気溜まりを防ぐ工夫で、複数の空気孔を取り入れた構造になっています。

    CPUクーラー おすすめ 2016年

    このアルミフィンの特殊なデザインによって、低空気抵抗を実現させています。

    効果的な放熱を行なうためにヒートシンク中央部には楕円形のエアーダクトがあり、
    ヒートシンク内で発生した乱流を抑制して安定したフローになるように設計されています。

     

    大型アルミ製フィンと銅製冷却ヘッドに7本の銅製ヒートパイプで高冷却

    冷却効果に定評のあるヒートパイプ構造を採用しています。

    高性能なヒートパイプが7本あることで、CPUで発生した熱を効率的に拡散し放熱できます。

    このヒートパイプは熱拡散の効率を高めるために、
    ニッケルメッキ銅ベースプレートに埋め込まれています。

    アルミ製とフィンと相性は抜群で、さらに冷却効果のあるCPUクーラーに仕上がっています。

    対応ソケットはLGA 775/1150/1151/1155/1156/1366/2011/2011-3、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+。

    と、ほぼすべてのソケットに取り付けが可能なユニバーサルマウント構造が採用されています。

    販売価格は8880円(税抜)前後で、オリオスペックやツクモなどのお店で発売されているようです。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ