スポンサードリンク


Crucialの格安の新型SSD「BX200」発売!とにかく安いコスパ抜群で大容量!性能もまずまずで買うにはおすすめ?

Crucialブランドの新型SSD「Crucial BX200」シリーズの販売がスタートしました。

今回新たに入荷されたのは、240GBモデル「CT240BX200SSD1」と
480GBモデル「CT480BX200SSD1」の2製品です。

格安 SSD

格安 SSD

大きな特徴としては容量に対する価格が安い点ですね。
さらに読み込み/書き込み時の処理性能も十分速いというスペックみたいです。

要するにコストパフォーマンスに優れた製品であることがわかります。

SSDの大容量化が進み、240GBあたりの製品でも1万円クラスが増えてきた印象ですね。

 

CrucialのSSD「BX200」シリーズの基本スペック

240GBモデルと480GBモデルの基本スペックは、
シーケンシャルリード(順次読み込み速度)が最大で540MB/s
同ライトが最大490MB/sとSSDの性能としては安定している印象です。

ランダムリードについては66,000IOPSで、同ライトは78,000IOPSという性能値のようです。
(IOPSはある条件の元で1秒間に読み込み・書き込みできる回数のこと。)

こちらもめちゃくちゃ高速というほどではないですが、バランスのとれた性能です。

全体的に標準的な性能のSSDです。
可もなく不可もなくといったところでしょうか。

 

製品の信頼性についてはMTTF(平均故障時間)が150万時間で、
TBW(総書き込み容量)は最大で72TBとのことです。

保証期間は3年間のようです。

 

スポンサードリンク

 

TLCタイプのNANDフラッシュやSilicon Motion製の高耐久「SM2256」コントローラーとは

BX200の主な仕様は2.5インチ規格の7mm厚の6Gbps SATA対応のSSDとなります。

NANDフラッシュにはMicron製のTLCタイプ(16nmプロセス)を
コントローラーにはSilicon Motion製の「SM2256」を、採用しています。

SM2256はTLCタイプのNANDの欠点であるP/Eサイクルを3倍に拡大することにより、
本来の耐久性を向上させることができるコントローラーのようです。

これにより高耐久のSSDを製品化できます。

さらにこのコントローラーは高性能と低消費電力が謳われており、
Micron製TLC NANDとの相性によりBX200では信頼性、高速性、高エネルギー効率が高まります。

実際にコストダウンも図ることができ、お手頃な価格でSSDを販売することができるそうです。

 

BX200シリーズの販売価格

店頭価格は240GBモデル「CT240BX200SSD1」が税込10,800円。

480GBモデル「CT480BX200SSD1」が税込19,800円。

 

おおよその相場上記のようです。

ちなみに今回は240GBと480GBの2製品ですが、
噂によると960GBモデルもラインナップに入っているらしく、12月に発売予定とのことです。

 

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ