スポンサードリンク


ファンが外せるRadeon RX 480の発売日は?サファイアnitroオリジナルのグラボの性能!

AMDの新型グラフィックボードにしてSapphireオリジナルモデルの「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 480 8G GDDR5」が今月末に発売予定のようです。

新しいSapphire nitroのカードはデュアルスロット及びデュアルファン設計となっています。

Radeon RX 480 発売日

製品本体は銀色一色で非常にシンプルですが、
凹凸や穴などのトーンの具合によって飽きがこないデザイン性に仕上がっています。

配色を意識した製品も多く見受けられますが、シンプルで味のあるグラフィックボードも面白味があると思います。

 

ファンの取り外しが可能なRadeon RX 480の特徴

既に発売されているRadeon RX 480シリーズの中でも今回ご紹介するSapphireオリジナルモデルは面白いことに冷却ファンが取り外しできてしまうのです。

グラボ サファイア

デュアルファン設計となっており、最大の特徴は両方とも簡単にグラフィックボード本体から取り外しができるようになっています。

ファンを取り外すことにより、内部にたまったほこりや汚れを除去しやすく、お手入れがし易いというのがウリです。

通常グラフィックボードでは冷却ファンは取り外せる設計ではないので、
メンテナンス性に意識した商品で面白味がありますよね。

 

サファイアNITRO+ RADEON RX 480の性能

Radeon RX 480系のカードでは8GBのGDDR5メモリが装備されています。

クロック数の詳細な性能値は今現在公表はされていませんが、
リファレンスモデルの約10%もアップされることが予想されています。

Radeon RX 480 発売日

Radeon RX 480 発売日

リファレンスモデルと大きく違う点は、補助電源が6ピンに対して、サファイアのオリジナルモデルは8ピンとなっているところです。

また、インターフェースにはリファレンスモデルには備え付けられていないDVI端子が搭載されているそうです。

 

スポンサードリンク

 

しかも、ミドルクラスのグラフィックボードなのにもかかわらず裏にはバックプレートが装着され、デザイン性にこだわるユーザにとっては嬉しいところだと言えます。

ちなみにカードの機能としてはサファイアのロゴをLEDが点灯するようです。

情報によると、発光色がファンの速度、GPUの温度、またはユーザによって構成されているカスタム・プロファイルなどの条件によって変化するという仕様。

GeForce GTX1080の情報ばかりとなっていますが、密かに需要のある商品となるかもしれませんね。

 

気になる発売日は?

Radeon RX 480 サファイア

SapphireオリジナルモデルのRadeon RX 480の発売日は明確には決まっていませんが、国内では7月末に発売する予定となっています。

つまり今週中には市場に出現するということでしょう。

販売価格などの情報も今のところ挙がってはいませんが、リファレンスモデルが3万円台で販売されているので、そこまで高価なグラフィックボードとはならないと思います。

コストパフォーマンスに優れた商品の多いRADEON製ですし。

The following two tabs change content below.
よっき
パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

スポンサードリンク


コメントを残す




*

このページの先頭へ