スポンサードリンク


FireFoxでYouTube動画をリピート再生!機能をインストール!アドオン「Auto Replay」の使い方とレビュー!

    以前、YouTubeの動画をループ再生するウェブサービスで『Listen on Repeat』というサイトを紹介しました。

    特にこだわらないのであれば機能も十分なので事足りますが、
    FireFoxのアドオンだけで直接YouTubeの動画ページでループ再生ができるものを発見しましたので早速レビューをしてみたいと思います。

    YouTube Auto Replay 使い方

    今回ご紹介するのは『YouTube Auto Replay』というアドオンです。

    普段からFireFoxを使用しているユーザならおすすめです。

     

    YouTube Auto Replayをインストール

     YouTube Auto Replayをインストールする

    FireFoxを利用されている方はYouTube Auto Replayをインストールし有効化して下さい。

    インストール手順としてはこれだけで済みます。

    この状態でYouTubeの動画ページを確認すると、ループ再生用のボタンが追加されます。

     

    YouTube Auto Replayの使い方

    FireFoxにアドオンを追加し再起動するとインストールが始まります。
    YouTube Auto Replayを有効化した状態でYouTubeの動画ページにアクセスすると、
    動画の下側のボックスに「Replay」というアイコンが自動的に追加されます。

    YouTube Auto Replay 使い方

    機能自体はGoogle Chromeのアドオン「Looper for YouTube」と酷似していますが、
    このYouTube Auto Replayの方が見た目もシンプルで軽い感じがします。

    ただシンプルなだけにLooper for YouTubeよりも劣っている感じがしましています。

    主な機能は動画の全体リピートと部分リピートがあります。

     

    スポンサードリンク

     

    全体リピート

    「Replay」ボタンをクリックすると、リピート再生用のコントロールが表示されます。

    ラジオボタンで「Loop entire movie」と「Loop」と書かれている項目があり、
    前者を選択した状態で、「Loop it」ボタンをクリックすると、その動画をフルでリピート再生します。

    ループ再生を解除するには「Stip it!」をクリックするだけです。

     

    部分リピート

    「全体リピート」と同じですが、「Loop」の方をチェック入力しておきます。

    時間指定をするボタンが開始と終了の2か所あり、
    それぞれクリックすることで現在の再生位置の時間が登録されます。

    なので動画を再生しながら、部分再生したい箇所を止めて設定していく必要があります。

    設定が終わったら同じように「Loop it」ボタンをクリックします。

     

    Chromeのアドオン「Looper for YouTube」との比較やレビュー

    YouTube Auto Replayを使っていて思ったのが、
    Chromeのアドオン「Looper for YouTube」よりも使い勝手が悪いと思いました。

    動作が軽快という点では悪くはないのですが、
    部分再生の設定がしづらい点とループの上限回数指定など細かい機能がなく物足らない印象です。

    あくまでFireFoxがどうしても使いたいユーザで、
    アドオンだけでYouTube動画のリピート再生を実現させたい際には使えますが、アドオン自体はないよりマシ程度の機能でした。

    個人的にはChrome使いですし、FireFoxメインで使うんだったら、
    Listen on Repeat』を利用しますね。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ