スポンサードリンク


WordPress初心者が簡単にショートコードを自作する方法!Shortcoderプラグインをおすすめする理由!

    WordPressのショートコードはかなり便利で、
    記事作成を効率化できる点で非常に優れた機能です。

    毎回、記事作成の度にデザインやレイアウトをいちいち作っていては時間かかってしまいますし、
    同じものを使うならショートコードによって共通化してあげたほうが絶対に良いに決まってます。

    ところがWordPress初心者の方や、
    プログラミングに詳しくない方にとってはショートコードの自作ですら抵抗があると思います。

    そこでショートコードが簡単に自作できるプラグイン「Shortcoder」をご紹介します。

    WordPress ショートコード 自作

     

    ショートコードの自作はShortcoderにお任せ

    Shortcoderは、WordPressのショートコードを自作して記事作成を効率化できるプラグインです。

    Shortcoderの特徴

    記事作成時に利用頻度の多い文章やHTMLコードをそのままショートコードとして登録し使いまわすことに特化しています。

    登録できるショートコードの件数に制限はなく、
    記事編集画面に記述して簡単に呼び出して使えるのが特徴です。

     

    ちなみにビジュアルエディタとテキストエディタ(HTMLモード)の両方に対応します。

    このプラグインを利用することで、
    圧倒的に記事作成作業を効率化させることが可能です。

    ウェブページを運営していると頻繁に利用するデザインや定型文や補足説明などがあるので、これらをパーツ化して使いまわせば作業効率が上がるという訳です。

     

    このプラグインが優れている点

     1個でもいいな!と思ったら利用することをおすすめします
     Shortcoderのメリットをおさらい

    • ショートコードを何個でも登録できる。
    • 「文章」「HTML」「JavaScript」をショートコード化可能。
    • 定型文や再利用したい部品をショートコード化して記事作成効率アップ
    • ビジュアルエディタとテキストエディタ画面の両方に対応。
    • ショートコードを利用してパラメーターの受け渡しも可能。
    • ショートコードを自作できない方におすすめ。

     

    インストール方法

    管理画面の「プラグイン」から検索してインストールするか、
    WordPress.orgから直接ダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

     WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Shortcoder」で検索

    インストールが完了しましたら、Shortcoderを有効化して下さい。

     

    プラグインの使い方

    管理画面の設定項目

    まずはショートコードの登録を行ないます。

    このプラグインの管理画面は下記の場所にあります。

     WordPress管理画面 > 設定 > Shortcoder

     

    ショートコードの登録画面

    Shortcoder 使い方

    英語で記述されていますが、登録方法はかなり簡単です。

    画像の通りわずか3ステップでショートコードの自作ができます

    ショートコードのIDを指定して、
    表示させたいHTMLコンテンツを入力して登録ボタンを押すだけです。

    あとは作成したショートコードを記事中に貼り付けるだけです。

    HTMLコンテンツは「ビジュアルエディタ」「テキストエディタ」の両方を利用することができ、普通に記事の編集画面と同じように使えるのも特徴のひとつです。

     

    登録したショートコードを削除するには?

    ショートコードを登録すると、画面下部の「Created Shortcodes」のボックス内に、
    作成したショートコードが一覧で表示されます。

    Shortcoder 使い方

    削除する方法がちょっと特殊なんですが、
    マウスでドラッグアンドドロップで画面右端の「ごみ箱」アイコンに移動させるだけです。

    削除確認メッセージは出ずにそのまま削除されてしまいますのでご注意下さい。

     

    スポンサードリンク

     

    記事のエディタ画面で自作したショートコードを利用する

    早速作成いしたショートコードを記事内に実装してみましょう。

    記事編集画面を開くと、以下のようにShortcoderを有効化している場合のみツールバーにアイコンが表示されます。

     ビジュアルエディタ

    Shortcoder WordPress

     

     テキストエディタ

    Shortcoder WordPress

    ビジュアルエディタとテキストエディタともにそれぞれShortcoderのアイコンが追加されています。

    アイコンをクリックすると登録済みのショートコードが一覧表示されますので、
    記事内に貼り付けたいものを選択することで、簡単に使用できます。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ