スポンサードリンク


爆速PCI-Eカード型ハイエンドSSD!G.Skillから発売!読み書き最大2000MB!

    G.skill 高性能SSD

    読み書きの速度が最大2000MB/秒という驚異的なSSDが発売されました。

    通常のSSDがだいたい最大で読み書きの速度が500MB/秒程度ですよね。

    その速度のおよそ4倍。そんな高性能なSSDを紹介したいと思う。

     

    超最速PCI-Eカード型ハイエンドSSD!

    今回発売されたハイエンドなSSDのメーカーは皆さんお馴染みのG.Skill

    メモリでは定評のある人気のメーカーですね。

     

    実は、この驚異的な読み書きの速度を実現できたのは、

    インターフェースにPCI-Expressを採用してあるからだ。

     

    なぜSSDで2000MB/秒も出せるのか?

    通常のSSDでは、SATA接続によるもので、近年の製品ではSATA3.0が主流となっている。

    SATA3.0の実測値は6.0Gbpsであり、およそ750MB/秒となる。

    なので、SATAインターフェースを利用したSSDでは

    少なくとも読み書きの速度は700MB/秒あたりが限界である。

     

    スポンサードリンク

     

    当然、PCI-Expressを利用した方が、読み書きの速度は速い。

    グラフィックボードのインターフェースがPCI-Expressであるのは、それが理由ですね。

     

    ハイエンド超高速SSDの詳細!

    G.Skillから発売されたハイエンドSSD「FM-PCx8G2R4-480G」。

    G.skill ハイエンドSSD

    デザインがものすごくかっこいいです。

     

    Phoenix Blade」シリーズに属するPCI Express2.0(x8)を採用したSSDです。

    速さの秘密は、採用コントローラーであるLSI SF-2281を4個も使用し、

    RAID-0(ストライピング)構成されており、

    読み書きを最大2000MB/秒という高速性能を実現している。

    世間一般でよく言われるのが「爆速」。

    このSSDはまさに爆速と言っても過言ではないでしょう。

     

    しかも、容量は480GBMLC NANDを採用している。

    もはや爆速の域を超えているのかもしれない。

     

    価格情報のお知らせ!

    販売価格は、8万9900円とのこと。アークショップで販売されています。

    高いけど、これほどの性能を誇っていれば、言うことなしでしょう。

    ハイエンドなディスク装置をこれひとつで簡単に構成できるので、おすすめだ。

     爆速ハイエンドSSD

    尚、カードサイズは横幅170ミリ、奥行き70ミリ、高さが21ミリで、そこそこコンパクト。

    SATAでSSDのRAID構成にすると、ケーブルがごちゃごちゃしてしまいますが、

    この製品は、PCI-Eスロットに差し込むだけで使えますよ。

     

    また、ディスクの信頼性も高く、MTBF(平均故障間隔)は100万時間を達成。

    メーカー保証は3年も付いています。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ