スポンサードリンク


リング型LED採用静音CPUクーラーRiing Silent 12が近日発売!メモリスロットと干渉しにくいスリムデザインが美しい!

    11枚のファンブレードが特徴の120mm規格のLEDファン「Riing」シリーズを標準装備したCPUクーラーの新製品がもうじき発売されます。

    CPUクーラー スリム 静音

    CPUクーラー スリム 静音

    15日に発売を控えているこのCPUクーラーは「Riing Silent 12」で、
    外側への空気の漏れを防ぐ「Wind Blocker Frame」を採用した色彩豊かなスリムデザインの製品です。

    カラーバリエーションはブルーとレッドの2色用意されています。

     

    メモリスロット干渉を抑えたスリムデザインを採用

    デザイン性にも特化した「Riing Silent 12」ですが、
    特に注目するべき点はメモリスロットとの干渉しにくいところです。

    CPUクーラー スリム 静音

    同等製品のCPUクーラーは冷却性を重視するために大型なものが多く、
    PCケースやマザーボードの仕様・制限などによってメモリスロットと干渉してしまうことがあります。

     

    スポンサードリンク

     

    「Riing Silent 12」では0.4mm厚のアルミニウムフィンを採用し、
    さらにベースは直径6mmx4本の銅製ヒートパイプを用いており非常にコンパクトな造りになっています。

    前述通り、外側への空気の漏れを防ぐ機構なのでエアフローに無駄がなく効率よく冷却できるCPUクーラーのようです。

     

    商品仕様とスペック

    LEDカラーはブルーとレッドの2色あります。

    ファン回転数は通常500~1,400rpmとなりますが、
    300~700rpmに回転数を抑える「Low-Noise Cable」(LNC)が付属しており調節が効きます。

    最大風量は53CFM、最大静圧は1.23mmH2Oで、騒音値は18±1dBAとスリムさながらの静音性にも優れています。

    対応ソケットは、Intel LGA 2011-3 / 2011 / 1366 / 1156 / 1155 / 1151 / 1150 / 775、AMD Socket FM2 / FM1 / AM3+ / AM3 / AM2+ / AM2とほぼすべての規格に準拠しています。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ