スポンサードリンク


Windows XPを7風デスクトップテーマに大改造!古い用済みパソコンを最大限に遊び尽くす方法!サポート終了後に使い続ける使い方!

    今更だけど、Windows XPを大改造したいと思います。
    既にサポート期間が切れてしまっており、ライセンス認証もできなくなった今、
    Windows XPは用済みとなっています。

    古いパソコンにWindows 7をインストールしたくても、スペック的に厳しかったり、
    ドライバの関係上インストールができずにお蔵入りになってしまうものもあるでしょう。

    そこで今回、Windows XPを最大限まで楽しもうという企画を立ててみました。

     

    Windows XPを楽しく大改造する方法とは?

    この記事でご紹介しようと思っていることは、Windows XPのデスクトップのテーマを
    ガラッと変更してしまうというものです。

    今回改造を行なうパソコンは東芝製のdynabook EX Series
    PSJ02-005000というパソコンです。

    Windows XP 大改造

    Windows XP 大改造

    Windows XP時代の頃はそれなりのスペックで、サクサク動作していましたし、テレビも見れました。

    CPUのクロック数は1.30GHz、メモリは数年前に増設して752MBです。
    Windows XPを使う分には申し分ないスペックです。
    でもWndows 7をインストールするには要件を満たしていません・・・。

    LinuxやChrom OSに切り替えることもできるでしょうが、敢えてXPを使っていきたいと思います。

     

    Windows XPを7風デスクトップに改造してみよう

    ここからがWindows XPを7風デスクトップのテーマに改造していく手順となります。
    (※以下の手順によりお使いのパソコンに不具合が発生する場合があります。すべて自己責任でご利用下さい。)

     

    Universal Theme PatcherでVisualStyleを利用できるようにする

    Windows 7 / Vista / XPでサードパーティ製のソフトVisualStyleを使用する為にパッチ当てます。
    このソフトはWindowsのデスクトップテーマやデザインなど改変することができます。

    非公式でありながら完成度は高く、優れたソフトウェアです。

    このソフトを利用できるようにするために、Universal Theme Patcherを使用します。

    ダウンロード先はこちら

     

    Universal Theme Patcherの使い方

    ダウンロードして解凍すると、以下のファイルがあります。

    Universal Theme Patcher 使い方

    画像のコメント通りにお使いのOSのバージョンごとに実行するプログラムを選んで下さい。
    尚、こちらのソフトはWindows XPで実行しましょう。

     

    スポンサードリンク

     

    私のXPパソコンは32bit版OSなので、x86の方のプログラムを実行させます。

    Universal Theme Patcher 使い方

    まず初めに言語の設定が表示されますのでデフォルトのままでOKボタンをクリックします。

    Universal Theme Patcher 使い方

    次にパッチ用のウィンドウが表示されますので、WindowsXPは一番下のPatchボタンだけをクリックして下さい。
    最後に再起動しますか?と聞かれるのでパソコンの再起動を行なって下さい。

    特に何も変わりませんが、再起動後、VisualStyleを利用できるようになります。

    デスクトップテーマの変更方法は次のページでご紹介しています。

      The following two tabs change content below.
      よっき
      パソコンが大好きな青年。職業はプログラマ。 幼少期からパソコンが好きで、趣味がそのまま仕事になりました。 主にウェブ系コンテンツの開発が中心です。 自作PCの魅力に惹かれたのは学生時代の頃で、現在に至ります。 自作PC専門ブログで、お得な情報を紹介しています。 趣味はホームページ制作かな。起業を夢見て奮闘中の毎日!

      1 2 3

      スポンサードリンク


      コメントを残す




      *

      このページの先頭へ